ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 3つの提言                   〜キャリアセンター長からのメッセージ〜

 4月20日付けの朝日新聞によると、政府は就職活動の開始時期を3回生の3月から開始することを経済界に要請し了承されたとのことです。2016年の卒業生すなわち現在の2回生から実施されることになります。皆さんは変更ありませんが現行の制度でも十分な自己理解と企業理解ができないまま選考に臨み、残念な結果となるケースが数多く見受けられます。その意味で就職活動解禁前に十分で念入りな下準備をしておくことがますます必要になってきます。そのために、私から以下の3つの提言をしたいと思います。
1) インターンシップに参加して自己理解を深めておこう。
2) 長期戦に備え、体力と精神力(ストレス耐性)を養っておこう。
3) 就職活動に必要な資金(交通費など)を準備しておこう。
 まず、1)については、夏休みなどを利用してできるだけインターンシップに参加してください。インターンシップに応募する際、専攻している専門分野から自分の能力の強みを軸にして、そこにボランティア活動、部活動といった正課外活動での自分らしさを添加しつつ自己アピールを行ってみてください。今後インターンシップは就職活動の主流になってきます。なぜなら、学生にとってもインターンシップを体験することで自己理解が深まり、企業にとっても人事や雇用上のミスマッチを防ぐ良いシステムだからです。
 次に、2)です。今から就職活動をはじめる訳ですから、1年以上の長期となります。日常的な運動を心がけて体力作りをしておきましょう。また、精神面のコントロールが大切です。就職活動はこれまでの学力の世界とは全く異なり、努力が結果に直結しません。選考結果に気落ちせず気持ちをすぐに切換えられるストレス耐性が必要です。そのためには、就職活動をしんどいものとして考えずに、自分の可能性を広げる楽しい活動ととらえ直したらどうでしょう。
 最後に3)です。エントリーシートを50社以上出し、その内15社から面接選考が来たとします。この15社の面接が少なくても3次くらいまであるので、15×3=45回の面接が1、2ヶ月の間で実施される訳です。この回数の面接に出かける費用が必要なのです。時には東京まで行かなくてはならないでしょう。今から生活費を切り詰めて、活動資金を蓄えておきましょう。それでは十分で念入りな下準備をお願いします。(2013.04.26)

                                              神戸大学キャリアセンター長
                                            人間発達環境学研究科 城仁士

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ