ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

   Message From "キャリアセンター" 

企業で働くということ

 学生の皆さま、いろいろ自分のキャリアヴィジョンを考える中で将来企業への就職を目指している人も多いでしょう。これまでの学生生活から企業人の仲間入りをするのですが、別世界に変身するわけではありません。これまでの自分のキャリアの延長線上に夢多い新しい道を歩むのです。いつも大きな道路や橋が用意されていなくても時には飛石伝いや新しい道を自分たちで切り開いてでもチャレンジ精神と創意工夫、粘り強さを発揮して進んで行くのです。だから皆さまの家庭生活や学校での勉強・研究、インターンシップそしてサークル活動、アルバイト、ボランティアや海外留学などで培われた教養、常識そして貴重な経験、知識が直接間接的に必ず活きてきます。
 ですから自己分析を深耕させ自身の今までのキャリア、性格、能力を見つめて仕事選びをすることは大切ですが、だからといって現在の自分にあまり自己限定してしまわないように。将来の大きな夢とヴィジョンを描いてそれに向かって自己成長、変革して行く、必要な資格への挑戦、スキルアップ、業務知識の涵養に努める、そのための場として業界企業を選ぶことができたら志望動機や仕事ヴィジョンが明確になって充実した就活ができるでしょう。またキャリアセンターで種々ご相談ください。

キャリアアドバイザー 今崎 良平

企業で働くということ

  企業には目標があり、常に成長・拡大を続けようとしています。売り上げを増やし、一方で少しでも経費を削減し、利益を確保しようとします。それによって、株主に配当し、従業員に給料を支払い、納税することができるのです。またその活動が社会貢献にも繋がっています。企業の一員になれば、当然その目的に適った行動=仕事をすることが求められます。その対価として給料がありますが、さらに仕事の出来栄えが評価され、達成感を得、成長を実感できることになります。実際の仕事の場では様々な役割があり、自分のできること、自分のやりたいことだけをやるわけには行かないかもしれません。求められれば、難しい仕事でもできるようになる必要がありますし、やりたくない仕事でも真剣に取り組まなければなりません。仕事の選り好みは許されない、と考えておきましょう。できること、やりたいことにこだわるなら、それを受け入れてくれる企業を探す必要があります。また、仕事はチームで進めていきます。年齢もキャリアも異なり、価値観もまったく違う人たちとコミュニケーションを取り、協力して仕事に取り組んで行かなければなりません。嫌な相手とは距離を置いて、というような感覚は通用しないのです。社内外の交渉の相手方とも同じです。大学生活を送る中で、ゼミや部活動、アルバイト、留学、ボランティア活動など様々な場面で、是非“人と積極的に関わる経験”をしておいてください。

キャリアアドバイザー 武藤 龍雄

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL