ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

   Message From "キャリアセンター" 面接の受け方

面接は怖くない!〜準備編

 エントリーシートの選考が終わると、いよいよ面接です。ここでは、面接当日までに準備しておきたいことについて述べます。

 面接の形態にはグループ面接と個人面接がありますが、グループディスカッションの場を設定されることもあります。面接の案内があったら、どういう形態の面接なのか、確認するようにしましょう。
また、過去の面接で問われた内容が確認できるようなら調べておきましょう。それなりの準備ができ、気持ちに余裕が生まれます。
さらに、面接当日までに繰り返しシミュレーションしておくことが大切です。キャリアセンターでの模擬面接訓練をお勧めします。

 【面接直前の準備】
 @ 応募先企業に提出したエントリーシートに改めて目を通しておきましょう。
  複数の企業に何通りものエントリーシートを出していると、どこに何を書いて出したのか、混乱すること  があるからです。
 A その企業の内容について、説明会で入手した資料、企業のホームページなどで再確認して
  おきましょう。
 B 当日持参すべき資料を整え、面接会場への道のりを確認しておきましょう。

 【面接試験当日】
 @ 頭のてっぺんから爪の先まで、身だしなみを整えましょう。
 A 時間に余裕を持って出発しましょう。交通機関の遅れということも考えに入れておいてください。
 B 訪問先に到着するまでの経路でもマナーに気を配りましょう。どこにどんな関係者がいるか分かりま   せん。
 C訪問先の窓口、受付では笑顔を忘れず、ていねいな話しかたを心がけましょう。
   まだ面接試験は始まっていない、と考えるのは“甘い!”。

 最後に一言。面接の目的は、企業が自社に合う人材かどうかを見分けるために行うもの、と思いがちですが、学生にとっても「この会社は本当に自分に合っているのか」を確かめる大切な場でもあります。
この意識をしっかり持っていましょう

キャリアアドバイザー  武藤 龍雄
(担当日/金曜日10:00〜13:00)

面接は会話 

 「面接試験」と聞いてどんなイメージを抱きますか?
面接官が厳しそうで「緊張」する、何を話してよいかわからず「不安」になる、など「面接試験」を苦手にしている人も多いでしょう。「面接試験」は採用担当者に、自分で自分の長所を直接アピールできる良いチャンスですから、苦手意識を克服して就職につなげていきたいものですね。

 面接攻略本等には、「質問の意図に対して明確に答えること」とのアドバイスが多く見受けられます。
しかし、頭で理解したつもりでも実際の「面接試験」では、思うように答えられなかったと、反省の声をよく聞きます。では、どのように対応すれば良いのでしょうか。
 「面接試験」も「会話」と同じひとつのコミュニケーションだということです。コミュニケーションを円滑に図る為には、相手(面接官)に興味関心を持ち、しっかり「聴く」ことが重要です。そして面接官が何を求めているのか、何を知りたいのか、どういう場(空気)なのかを読みとってから、明確に自分の意見を伝えましょう。
 
 自分の経験や知識、考えを伝えることに主眼をおきがちですが、企業や面接官を理解しようとする姿勢も大切です。事前準備した内容を丸暗記して話すことに夢中になると、発表口調になってしまいます。
 キャリアセンターでは模擬面接も実施しています。模擬面接を受けて、自分では気づかない点を理解して改善しましょう。

 「面接試験」は会話、社会と触れ合う交流の場です。心地よいコミュニケーションを楽しんでください。

キャリアアドバイザー 水野 笑子
(担当日/金曜日10:00〜13:00)

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL