ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

   Message From "キャリアセンター" エントリーシートを書こう

エントリーシートの役割

 エントリーシートは、エピソードを並べ立て、その派手さを競い、採用側に褒めてもらうために書くものではない。読む側が知りたいのは、エピソードの中で、書いた本人がどんな考え方を持って、どんな風に問題に向き合い、どう行動して、何を結果として自分自身の手でつかんでいるのかということ。
そこがしっかり書けているエントリーシートに出会うと、文章の中から、書いた本人が飛び出す絵本のように起き上って来て、実際に動いているところがイメージできる。そのイメージがどんどん膨らんで、実際にこの人にこんな仕事を任せたらこんな風に動いて、たとえば苦難にぶつかったときはこんな感じで乗り越えるんじゃないか…そんなところまで考えさせてくれる。
 人の心を揺さぶるエントリーシートは、自分をしっかりと客観的に分析して、良いところも悪いところも等身大で理解できていないと書けない。
ただし、順番として必ずしも自己分析が先とは限らない。エントリーシートを書きながら自己分析が進む場合もある。
 以前、学生時代に頑張ったこととして留学した時のことを書いてきた学生がいた。でも、どうもインパクトに欠けるので「これって本当にこれまでの人生の中で、あの時の自分は結構頑張ってたな、輝いてたな、誰かに知ってもらいたいなと思う場面なの?」と聞いてみた。彼が本当に伝えたかったのは留学経験そのものではなく、留学を実現させるまでに色々な努力を重ねて頑張った自分だった。
あらためて書き直してきたエントリーシートは感動もの!つらい早朝のバイトをどんな気持ちで耐えたのかから始まって語学習得のために編み出した自分独自のやり方などなど…そこにはすぐに仕事に活かせそうな能力があふれていた。
本人は決してそこをアピールしようとしたわけではなく、実際にやったこと、考えたことをストレートに文章にしてみたら、自分が今まで能力として認識していなかったことにまで気づけたということ。そこに気づいた彼は自分に自信が持てるようになって、当然のように面接もうまく乗り切ることができた。
しっかりしたエントリーシートは自分に自信を与えてくれる…これもエントリーシートの役割です!!

キャリアアドバイザー  久保隆美
(担当日/火曜日13:00〜17:00)

エントリーシート(ES)に強くなろう!

 求人先への応募登録だけではなく、ほとんどの場合それがすでに採用選考のスタートになるES、自分
自身のカタログのつもりで慎重に書き上げましょう。 ES添付のフォトにも気をつけて、カラーでなくモノクロで。カラー写真だと求人先でESがコピーされたときに黒く潰れてしまうおそれがあります。

さてESは、学生時代の経験、志望理由、仕事visionなどを質問しながら学生に自己表現、自己PRしてもらうかたちが多いので、それぞれについて留意点を述べておきます。

【学生時代に最も力を入れて取り組んだこと】
 「最も」との問いなので当然答えは一つ。 派手なモチーフでなくても地味な事柄でもいいから自分らしさ
を充分にアピールできるように。

【志望理由】 
 民間企業なら、その業界への志望理由だけではなく、その企業を志望した動機をできるだけ具体的に。志望の熱意と本気度が伝わるように。
そのためには業界、企業研究が必要。

【仕事のVISION】
自己分析の深耕で自分を見つめて特性、能力から仕事を選ぶ。しかしそれであまり自己限定してしまうと選択肢を狭めてしまうので、限りなく成長変革できる自分に賭ける勇気も必要。
若者らしい大きな、夢visionを描いてそれに向って知識を広げ、能力アップを計り必要な資格にも挑戦する。自己変革も考える。
自身のキャリアデザインに関係する大きな命題。 

冗長にならず、用語やフレーズの繰り返しを避けて読む人に考えや論旨を理解してもらい効率よく自己PRできるように書くことが大切です。主旨や結論をキャッチフレーズ的に冒頭に述べて、あと詳細や補足説明をしながら明確に力強く結語するよう試みてください。
 限られたスペースで簡潔明解に書く能力も評価されますので、通常は別紙添付はしないほうがいいです。 ESの問いには正解なんかはありませんので自分らしさを発揮してのびのびと書いてください。
 ESが通ればいよいよ面接ですが、ESの内容をもとに面接されることが多いのでその対応も考えながら矛盾や違和感が生じることのないよう配慮が必要です。
ESは就活の第一関門、詳しくはキャリアセンターでご相談を。

キャリアアドバイザー 今崎良平
(担当日/水曜日13:00〜17:00)

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL