ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

   Message From "キャリアセンター" 業界・企業研究

企業研究の軸足

 雇用の危機が叫ばれている社会情勢の中で、応募先企業を選ぶ学生は「安定」「知名度」「人気ランキング上位」を基準にする傾向が顕著だ。企業側に軸足を置いたイメージだけの企業選びは志望動機が曖昧になり、面接で失敗する場合が多い。
 2006年2月に経済産業省が提唱した日本の代表的企業が求める「社会人基礎力」では、職場や地域社会で働く上で必要な力は「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」「状況の変化に柔軟に対応できる力」を柱にしている。
 提唱の背景には、メールを中心とした携帯文化の隆盛から生じる人間関係力・EQ即ち感情能力の欠如、企業競争力強化のため時間をかけて人を育てる教育訓練の不足、ゆとり教育世代に見られる自発的行動力の欠如にあるが、これは若者共通の不足能力であり、学生がこの基礎力を金科玉条にしてその能力があるかのように主張しても、具体的な裏付けがない限り面接は突破できない。
企業を選ぶにあたっては自分に軸足をおいて「自分はどんな仕事をしたいのか」「どのような能力を身につけたいのか」「将来どのような自分でありたいのか」を知ったうえで、「自分が成長できる会社か」「能力・個性を伸ばせる会社か」「人を大切にする会社か」「自分の身の丈にあった企業か」をOB訪問、企業訪問等の行動を中心とした企業研究の中で実態の把握に努めなければならない。
 また、これからはどんな激変が起きても生き残れる能力を身に付けることも必要と考える。(株)マガジンハウスの特別編集によると今企業で注目されているキャリアアップになる資格は次のとおりである。
 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)・TOIEC(750点以上)・社会保険労務士・ITパスポート(旧情報処理技術者)・知的財産管理技能検定・ECO検定(環境社会検定)・プライバシー(P)マーク審査員・国際会計検定(BATIC)・消費生活アドバイザー・生涯学習開発財団認定コーチ 

キャリアアドバイザー  仲路 敏臣
(担当日/火曜日13:00〜17:00)

企業を知る

 お金が沢山あって、衣食住に困っていないとしたら、あなたは何の為に働きますか?
 とても難しい質問ですね。今の私の場合、もちろん生活の為でもありますが、「社会の役に立ちたい」ことと「働くことで自分を表現したい」という理由もあります。働く理由は、現在の状況や環境によっても、人それぞれ違うと思います。まずはじっくりと、自分が働くことについて考えてみて下さい。
 そして就職活動には、自分を知り(自己分析)、業界・企業を知ることが大切です。今回は企業を知る方法を紹介します。まずは自分が働くことを想像して、思い浮かぶ企業をノートに書き上げてみましょう。記した企業から、偏りがある、身近な人が仕事をしている、アルバイト経験がある、小さい頃からの憧れ、ただ興味があるなど、何か分かることがあると思います。次に業界地図など参考に、記した企業を業界ごとにまとめましょう。業界の内容や動向を把握、比較して特徴を調べます。周辺業界や全く興味がない業界について、視野を広げて見るのも意外な発見があるかもしれませんね。そして説明会参加、OB・OG訪問など、実際に行動に移し、調べた事柄を自分自身で確認しましょう。
 次に業界・企業を調べた成果を基に、自分と結び付け、「自分は何をどう感じたのか」「なぜ?そうなのか」「その目的は何なのか」「自分はどう関われるのか」を自問自答して下さい。深く掘り下げることで、「私はこの企業に入って〜がやりたい」「自分を生かして〜ができる」というように、納得のいく企業選択と説得力のある志望動機、そして働く理由につながります。
 あなたは何の為に働きますか?働くことについて、キャリアセンターでお話しませんか?就職活動についてはもちろん、働く楽しさなど・・お話しましょう。キャリアセンターで"笑顔"でお待ちしています。

キャリアアドバイザー 水野 笑子
(担当日/金曜日10:00〜13:00)

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL