ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

   Message From "キャリアセンター" 納得のゆく就職活動のために

 就職をめざす学部3回生、修士1回生の皆さんは、これからの約1年間、長ければ約1年半、就職活動に取り組みます。とはいっても、実際の就職活動が始まるのは今年の秋以降。そしてその時は積極的に動く時になっています。逆にいえば、その時になればもはやユックリ考えているヒマはありません。
 その時までに、皆さんはある程度、多種多様な選択肢のなかから自分の志望を絞り込んでおかねばなりません。企業、公務員、団体職員、NPOなど、卒業後あるいは修了後の進路を選び、さらにそれぞれの分野において例えば、企業への就職であれば、興味ある業界、業種、企業に関する情報を調べ、自分なりの選択をしておく必要があります。
 意外に思うかも知れませんが、自分に適した職業や仕事を見出すためには、まず自分というものをよく知らなければなりません。自分のやりたいこと(will)、自分にできること(can)、自分がしなければならいこと(must)、そして自分が大切にしたい価値観を徹底的に考え抜いて自分の軸に気づくこと、これが、就活の第一歩となります。
 ただし、自分で考えるだけでは空回りするだけに終わりがち。家族、友人、教師、OB・OGを含む社会人、学内のキャリアアドバイザーなど、多くの人に質問し、他人の意見にぜひ耳を傾けましょう。自分は何をすればよいか分らないが、そんな場合どうすればよいか、といった質問から始めてもかまいません。異なる他者の見方や価値観に接することによって、いっそう自分自身のことを認識し、自分の世界を広げることができます。このプロセスがベースとなって、自分なりの答え、すなわち自分が納得のゆく進路や仕事を選ぶことができるのです。
 しかし、自分にふさわしい仕事といっても、これを見出すのはじつは非常に難しい。例えば、企業を例にとっても、皆さんは、一般的には無名の中小企業を含めて、世のなかにどんな企業があって、どんな企業ががんばっているか、あるいはどんな企業がその仕事で社会に貢献しているか、よく知っているでしょうか。
 就活の土台を造る基礎工事となるのは、自分を知ることに加えて、自分の将来の働き場所となる企業や団体等をよく知ることです。自分と社会を知る、この二つをしっかりやっておかないと、自分の将来の仕事をより適切に選ぶことができません。
 したがって就活に関していえば、今は考える時、調べる時といえるでしょう。今、この基礎工事を疎かにすると、あきらかに準備不足、自分の軸が定まらぬまま、就活に飛び込んでいかねばなりません。納得し満足のゆく就活をするために、ぜひ今は、将来の自分創りを念頭において、自分という人間の意欲や能力や価値観を認識し、そうした自分により適した仕事や職場を研究してください。
 そしてぜひ自分の将来の夢や目標について思いめぐらしてください。自分がどんな仕事を選択するかは、将来、皆さんがどんな人生を送りたいか、どんなライフスタイルを選ぶかということにも関わってきます。皆さん自身がしっかりとした選択をしなければ、企業等は皆さんを選ぼうとはしません。
 納得のゆく進路選択をするためにも、今は、就活について、あるいは業界や企業について、公務員志望の人はその関連事項について、必要な情報を積極的に入手してください。

 そうした情報入手の機会は、注意すればいくらでも身の回りに存在しています。まずお勧めしたいのは、神戸大学キャリアセンター主催の全学就職ガイダンスです。
 6月4日(水)午後、文系、理系の2回に分けて、「就職活動のすすめ方」について、講演や企業の人事採用担当者によるパネルディスカッションなどがあり、多くの貴重なアドバイスや情報が得られると思います。
 また、実際の仕事の現場に触れる絶好の機会となるインターンシップにもぜひ取り組んでみてください。
 6月11日(水)には、同じく全学就職ガイダンスの「Internship Forum in 神戸大学」が開催され、各企業によるインターンシップ紹介や受付などがあります。
 6月18日(水)は、留学生対象の「グローバルキャリアセミナー」があります。日本人学生も参加可能です。

 神戸大学の就職支援行事は、キャリアセンターの他、各学部や同窓会、あるいは大学生協や学生団体などじつに様々な組織が行っています。例えば、昨年度も約160回の行事が開催されていました。学外でも、数多くの合同企業説明会が行われていますので、そちらのほうにも参加してください。
 こうした学内外の行事情報については、キャリアセンターや各学部等の掲示版、キャリアセンターや各団体のホームページに日頃から注意してください。とくに大学生協のホームページ中にある「ガイダンス・イベントCALENDAR」には、学内のすべての就職支援組織のイベント情報が集約発信されていますので、ぜひ閲覧してください。

 あと一つ、先輩の言ったアドバイスを紹介しましょう。今の時期と秋以降の就活の間に夏休みがありますが、就活のために夏休みに何をすればよいかという質問に対して、その先輩は、自分のやりたいことを思い切りやればよい、ぜひ悔いのない夏休みを過ごしてください、と答えました。ちなみに、面接で必ず聞かれるのが、あなたが大学生活で一番打ち込んだものやがんばったものは何か、という質問なのです。
 また、大学での学びも大いに力を入れてください。とくに就活と関連して大切なのは、演習やゼミです。こうした授業を通じて、プレゼンテーション、ディスカッション、自己表現、文章表現、発想力、質問力などの能力を磨いてもらいたいと願っています。

(2008.05.14)

神戸大学キャリアセンター センター長 内田正博

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL