ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学就職支援室

 より良い就活のために

 夏休みにライフプランと就活についていろいろ考えた人は多いでしょう。各企業や官公庁のセミナーとかインターンシップに参加した方たち、いかがでしたか?
 10月から就職支援室を中心にガイダンスなどが活発に開かれ、学生は更に様々な知識や情報を得ることができますが、特定の事柄についてより詳しく知りたい、また疑問や迷い悩みが湧いてきて個別に相談したいことがあるのは当然でしょう。そのようなときにはぜひ学内の就職相談を積極的に利用してください。私も本部の学生就職相談員の一人として夏の間に今年の就職戦線の動向を調べて情報を集め、就活についてのスキルを深め得たつもりです。学生の各種の相談や質問について、より的確に対応できると思います。
来室の学生にはもうお馴染みになったあの樹木型の図式によるキャリアデザインや進路説明、縦軸と横軸を駆使した業界と職種選択の手法また各種グラフによる適性や採用基準の解説などもより分かり易いように工夫しました。
 エントリーシートや面接の相談に来られる方も多いですね。私は学生とよく話し合った上で本人の考えと個性を尊重し、原稿を見てできるだけ効率的,効果的に自己アピールできて本人の意思が明確に伝わるように書き方や表現のポイント、改善点をアドバイスします。しかし、あくまで学生自身の文で仕上げてもらうようにしています。
面接はこのエントリーシートを基にして行われますので、本人がよく理解して自身の文章で書き上げたものでないと整合性、一貫性が失われて集中力と迫力に欠けた面接応対になりがちだからです。
エントリーシートや面接は応募先によって対策を練る必要があります。民間企業なら本人が志向する業界、業種また個々の会社に応じてキメ細かく対応を考えましょう。
 最近の就活の傾向として、よく「学生の2極分化」と言われますが現実はどうでしょう。
 自己分析がよく出来ていて、しっかりと自分のキャリアデザインを描き、考えが明確でスムーズにスマートに就活を運んで志望先から直ぐに内定を得るような学生が以前より目立つのは事実ですが、ごく少数だと感じています。全体的にはまだ次のようなタイプが多いのではではないでしょうか。すなわち周囲の波に合わせるように何かに押されるように就活に入り、ガイダンスなどにも出て一応自己分析はしているが十分ではなく、民間企業を目指すとしても業界と希望職種が絞れずに多数の会社に応募する。運良く内内定を得られても内定承諾の段階でまた迷いが出てくるような人たちです。このような学生にもっと私たち相談員も役に立てればと思います。ミスマッチングを防ぎ、離職率をできるだけ低くするためにも。
 昨年 Future! の第6号に私が書いたように、就活には本来敗退や負け組などはないと思います。今まで学生の方たちが経験してきた入学試験は筆記試験が主体で成績順の合格ですが、就職試験は決してそればかりではありません。必ずその人に適した進路が見つかり、自分にマッチした職場、ふさわしい天職に出会えるはずです。

就職相談員 今崎 良平

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:career@coop.kobe-u.ac.jp
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL