ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学就職支援室

 Message from "就職支援室"〜vol.1〜 

 毎年今頃の時季になりますと、なかなか内定がとれず苦戦している学生が増えてきます。
相談に来られる人達は、内定がとれないのは何か自分に重大な欠陥があるのではないかと
真剣に悩んでいます。しかし、話し合ってみるとほとんどの人はそんなことは全く感じられない普通の学生です。ですが、話し合っているうちに、思い当たることがある場合もあります。
 まず、内定がとれないといいながらそれほど多くの企業を廻っていないのです。こういう人は、初めの数社から内定がとれないと自分は駄目だと思い込み、エントリーをやめてしまうらしいのです。そうすると手持ちのエントリー先が少なくなって一層不安になるのです。こんなときは数十社廻ったという先輩の体験談も交え、あなただけではない、みんな、しんどい時季なのだからと励まします。
 また、いろいろエントリーはするが、ばらばらで関連性が無く、なにをやりたいのかわからないことがあります。もうすこし自分の進路を整理して効率よくエントリーするのがよいとアドバイスします。
 いずれにせよ、求人会社はまだまだ多くあり、神戸大学宛の求人情報もすでに1500社近くになっています。自信を持って就職活動を続けてほしいと思っています。一人で悩まずに信頼できる友人、家族、先生とも話し合うことも大切です。就職支援室にもお喋りに来てください。話をすることで胸のつかえがおさまり、気持ちが楽になったと明るい表情で帰って行く学生の後ろ姿を見て、どうか彼(女)の就職活動が成功してほしいと祈らずにはいられません。
 ところで、学生が就職したい企業・業種が随分変化していると感じられます。ずっと以前の人気企業は、鉱山、鉄鋼、紡績会社でした。その後、政府の保護の下、高い利益を上げ従って給料も抜群によい銀行、損保が人気の的でした。化合繊メーカーや総合商社も人気がありました。しかし、新聞によると、いま学生にもっとも人気のある企業は、サントリー、全日空、JTBだそうです。このほかにも、IT関連の企業も人気があるようです。
 これを見ると学生の志向が随分変わったように思われますが、その時代の人気企業が学生にとって人気のある企業ということになり、学生の志向も本質的には変わっていないとも言えます。これはやむを得ないことでもありますが、いま人気がある企業が将来とも健在かどうか誰にもわかりません。これまでの人気企業の盛衰を見れば明らかです。今の人気に惑わされず自分をしっかり見つめて活動してほしいと願っています。

就職相談員 北川 元衛

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:career@coop.kobe-u.ac.jp
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL