ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学就職支援室

 情報入手はどうやって?―就活の成否を左右

 就職活動が本格化する直前の今、就活のための基礎工事の最後の段階にさしかかっているといえます。この時期、いかに有効な情報を入手しておくかで、その後の就職活動の成否が決まります。情報は内なる情報と外なる情報に分かれます。
 内なる情報とは自分自身に関する情報、いわゆる「自己分析」です。自己の中には自分では知らぬ間に意外なほど大量の情報が蓄積されているのですが、多くの人はそのことに気づいていません。
 先入観は何も人や物事に対してだけ問題になるわけではありません。人は自分自身に対してさえ先入観を抱くことがあるのです。自分自身を知ることの難しさは、おそらくこれからの就職活動を通じていやというほど痛感させらることになるでしょう。多くの先輩たちが就職活動を通じて人間的に大きく成長したという実感をもつのもおそらくそのためなのです。どうかおそれず自分自身と向き合う勇気をもって下さい。
 そのためには複数の他者とのコミュニケーション、そしてさまざまなことにチャレンジし自己の可能性と限界を認識することが必要です。
 また、外なる情報の入手にもイマジネーションが必要です。外なる情報とは、将来自分が就きたいと考える職業や職場に関する情報、たとえば企業であれば業界研究、企業研究と言われているものです。
 しかし、企業研究以前のもう一つの外なる情報、そもそも就職活動そのもののを具体的に知るための情報はどうやって入手できるのでしょうか?
 ここでは、神戸大学の学生が、就活情報を得るヒントを紹介してみましょう。
(1)学内の就職行事については、job-naviや神戸大学生協のホームページで行事予定 を確認する。この二つのホームページには神戸大学の全就職行事の予定が掲載されます。生協発行の就職情報紙「Future!」も重要な情報源です。
(2)求人票や卒業生名簿他の情報あるいは質問等に関しては、国文キャンパスA棟1 Fロビー西側の学生センターの就職情報相談室に足を運んで資料を調べる。またそこで午後常駐する相談員に尋ねる。
(3)ECホームページの「神大就活情報源」や「就活リンク集」を参考にする。後者には、就活に関するQ&Aを集めたサイトなども紹介しています。
(4)各学部の掲示板やロビーなどにも注意して下さい。就職情報・資料の紹介があります。
(5)上記神戸大学関係以外では、言うまでもなくまず何よりも、リクナビ、日経就職ナビ、毎日就職ナビその他の就職情報サイトに登録する。
(6)さらに就職活動に関する本や雑誌(『就職ジャーナル』等)などを読み、自分から積極的に情報収集を心がける。学生会館の生協書籍部あるいは梅田、三宮の大規模書店で、どんな図書があるか覗いてみて下さい。
(7)インターネットは就職情報を得るにはきわめて有効かつ強力なツールです。情報にしても、リクナビなど就職情報サイトに登場しない企業数のほうが圧倒的に多いのです。ヤフーやグーグルなどの検索サイトを使って、各企業のホームページに直接アクセスしましょう。また多種多様な就活情報サイトを閲覧することもできます。インターネットを駆使するためには、電話回線では有効活用できません。就活が本格化して多忙になる前に、ADSLなどのブロードバンド環境を整えておくほうが賢明です。
(8)OB・OG訪問も忘れてはいけません。これも重要な情報源です。これについては、「Future!」第2号に非常に詳しく紹介されています。またこれと同じ内容のものが、生協ホームページにも掲載されています。ビックリするほど具体的です。神戸大学生協HP ⇒ 左端のメニューから「就職活動」⇒「Future!」バックナンバー ⇒ 同第2号(2003.08) 【シューカツ初心者の為の『初めてのOB・OG訪問』】
 次に神戸大学の就職情報収集のためのホームページURLを挙げておきます。この中で一番デザインも立派で内容的にも充実しているのは、意外にも学生の運営するjob-naviのホームページです。ぜひ一度訪問して下さい。
●job-navi(神大生による就職支援組織): http://home.kobe-u.com/jn-web/
●神戸大学生協: http://seagull.coop.kobe-u.ac.jp/index-j.html
●神戸大学学務部学生生活課
  : http://www.kobe-u.ac.jp/campuslife/index.html
●国文ECのホームページ: http://ccs.cla.kobe-u.ac.jp/committee/EC/
 ただし、以上のような情報環境があってもそれだけでは無意味です。皆さんに求める姿勢と的確なイマジネーションがあって初めて自分に有効な情報も集まってくることを忘れてはいけません。「求めよ、さらば与えられん」はどんな場合でも真実です。いずれにしても指示待ち、情報待ちの受動的な姿勢では何も得られません。
 そして、やがて情報が大量に飛び込んでくることもありますが、そんな時にこそ先に述べた「自己分析」によって、溢れかえる情報にいたずらに溺れぬよう自分自身の志望をしっかり絞り込んでおく必要があるのです。

 国際文化学部EC委員長 (国際文化学部教授)
 内田正博

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:career@coop.kobe-u.ac.jp
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL