ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
 

読売新聞大阪本社

 見る!聞く!読む!新聞社の仕事
 

読売新聞大阪本社の事業内容は ⇒http://www.yomiuri.co.jp/

 日時  9月18日(木) 12:50〜17:30
 定員  50名
 集合 時間 12:50
場所 読売新聞大阪本社新ビル1階ロビー(黒い円形のソファ)
    (大阪市北区野崎町5−9、大阪、梅田の各駅から徒歩20分程度)
 スケジュール※スケジュールは変更になる場合があります     13:00  オリエンテーション
 13:15  社内見学
 14:30  休憩
 15:00  先輩社員に何でも質問会(神大OB/OGの予定)
 16:10  新聞ってどう読めばよいの?
 17:20  アンケートなど
 17:30  解散
 
ここが見所!!
 
 編集作業をはじめ制作、印刷、発送まで、新聞ができるまでの各工程を見学。編集局では記者たちの働く姿を間近にみることができます。地下の輪転機が稼動する様子も迫力があります。参加者全員に記念品と見学号外をプレゼントします。
マラソンランナーを撮影する写真記者
「新聞の読み方がわからない」といった声が寄せられます。実際の朝刊を使って、社会に出るうえで必要となる「ニュースの読み方」を新聞社員がお話します。
※参加当日(9月18日)の読売新聞朝刊を読んでからお越しいただくと、より話がわかりやすくなります。
  社会のあらゆる情報を伝える新聞 実際に会社で働く先輩社員に、働くことの疑問、学生生活との違いなど、質問してみましょう。  
記者たちを支える会社の金庫番、経理部員
Q.

新聞社の仕事といえば、記者をまずイメージします。「新聞記者」以外にはどのような仕事があるのでしょうか?

A.

新聞社は「職種のデパート」と言われるくらい、多くの仕事があります。
例えば、「記者」といっても、取材記者、写真記者、校閲記者…などで、仕事内容は異なります。また、新聞に掲載されているのは、記事だけではありません。新聞広告も掲載されています。広告主へ営業活動を行い、掲載基準の審査をするのが「広告局」の社員です。新聞を実際に印刷したり、印刷・発送のためのシステムを構築する「制作局」の社員もいます。「販売局」の社員は、刷り上った新聞を配達してくれる社外スタッフのために、経営コンサルティングのような仕事をします。「事業本部」は展覧会やスポーツイベントなど、社会的意義のある事業を開催し、社のブランドイメージ向上に努めています。全ての企業にある人事部や経理部も、「総務経理局」員として社を支えています。

Q.

自分を含めて新聞を読んでいる学生が少ないように思います。今後、新聞はどのように時代に対応していくのでしょうか?

A.

新聞イコール紙媒体、と思っていらっしゃる学生さんが多いので、「自分は新聞を読んでいない」と感じてしまうのかもしれませんね。例えば、スマートホンやインターネットのニュースサイトでニュースに接している学生さんは、多いのではないでしょうか?実は、ニュースサイトに掲載されているニュースの発信源は、その多くが新聞社です。知らず知らずのうちに、学生さんは「新聞」を読んでいるのだと思います。
 ただ、社会人になれば、おのずと紙媒体の新聞を読むことは必要になってきます。仕事上、社会に関する知識を得ることが必要なのはもちろんですが、社内外で自分よりも年上世代と会話をする際、必要となってくるのが雑談力だからです。「○○らしいですよ」とニュースの話題をふるだけで、話がつながっていきます。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ