ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
神栄株式会社

 時代のニーズに対応し続けて百三十年

 神栄は、創業128年を誇る老舗の総合商社である。もともとは国内で生糸を扱う問屋として発足したが、日本の生糸は非常に品質が良く海外で人気があったため、海外企業との取引も開始した。色々な海外業者とコネクションができ、生糸を売る際に「他にこのようなものが欲しい」というニーズに応えて色々なモノを輸出したり生産したりする中で、現在の四本柱である繊維・食品・物資・電子という部門ができた。
総合商社ということで、海外とのやり取りはとても活発だ。今回お話を伺った物資本部長の中川太郎さんは、今までに27か国を訪れた経験があるそうだ。若い社員であっても事業性のあるチャンスを見つけてくれば、海外に出られる土壌があると中川さん。インタビュー中に近くの部屋で英語の会話が聞こえてきたことが印象的であった。
 神栄では上述の4つの主幹事業から、それに派生する新しいことに次々に挑戦している。インターネットを通じて世界中のものを自由に買えるようになった現在では、商社に求められる役割も昔とは変わってきた。例えば、神栄では以前のように「モノ」を売る他に、「コト」を輸出するようになった。世界有数の地震国である日本は地質や地盤を調査し、地震に備える技術が発達している。神栄は、そのような技術に対する海外からのニーズをくみ取り、調査会社と共に海外を訪れて調査を行い、地震対策の提案やハザードマップを提供するなどして対価を得るという形のビジネスを新たに始めている。その背景には、神栄自体が被災した阪神淡路大震災の経験がある。
 「大手商社のような資金力がないので、頭をひねって考え抜いた結果、現在のような形のビジネスが生まれている」と中川さん。創業以来128年の歴史の中で、時代の変化とともに変わるニーズをつかみ、対応してきた神栄は、今後もさらに発展していく企業であると感じた。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課
TEL:078-805-1582(学内線:2687) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ