ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
森合精機株式会社

 ニーズを捉える次なる一手

 皆さんは「産業用の洗浄機」というものをご存知だろうか。自動車メーカーで世界的に有名なトヨタが生み出した「ジャストインタイム生産方式」。ジャストインタイム生産方式は、生産工程を一つのラインで結び、今やどの会社でも使われているがこの生産ラインには決して欠かせないものがある。それがインライン型の「産業用洗浄機」である。「生産工程ごとに合わせた洗浄機を供給しているのが森合精機の洗浄機の特徴です。」装置事業部事業部長の若松さんはそう語った。
 何を隠そう、この森合精機は産業用洗浄機の市場でシェアNo1である。大手の自動車メーカーをはじめとした多くの企業がこの森合精機の洗浄機を採用している。
 ではなぜ、森合精機の洗浄機が選ばれているのだろうか。それは「生産ラインの工程ごとに合わせた洗浄機ニーズ」に確かに応えてきたことが要因であるという。また、森合精機では水分や乾燥度を計側する測定装置や残留物の測定器も作っている。そこには洗浄するだけでなく、その効果まできちんと一貫して責任を持つ姿勢が伺える。「残留物の測定器に関して結果自体はどこの製品でも同じだが、測定値が良くなかった時にそれを改善出来るのは洗浄機を取り扱っている森合精機ならでは」若松さんは自社の強みをそう語った。
 森合精機はもともと油圧機器を主に販売するメーカーであった。その油圧機器を製造するラインにあわせた洗浄機を作り、販売し始めたのが洗浄機事業の始まりだそうだ。どうしてそのような事業展開が可能だったのだろうか。そのひとつの鍵は、「年に一つは必ず新商品を作る」という開発部隊の目標にある。常に市場の変化を捉え、お客様のニーズに合わせる姿勢が新たな商品や事業を生みだしているのではないかと感じた。
 企業の製造ラインのニーズに合わせすぎた結果、洗浄機が多岐に渡り、利益につながりにくいという課題もある。「この課題を克服するために工場勤務の社員も売上高や利益率を意識する必要がある」と語る若松さん。「人が財産であると考えています。ただし会社が良くならないと人は育たない。」
洗浄機という市場で多くのニーズに応えてきた森合精機が次に仕掛ける一手は何か。次にそこに携わるのはあなたかもしれない。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課
TEL:078-805-1582(学内線:2687) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ