ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 変わっているからこそ

 今瀬 将太 さん
 2015年 経済学部卒業
 株式会社サンエース

株式会社サンエースについてはコチラ

 「変わっている」2015 年に経済学部を卒業、入社した今瀬将太氏は言う。
 業務は営業としてリフォームプランを立案、検討、施工管理をするのだが、入社後わずか約半年で現場の予定や人員などの管理を一人で任された。聞くと取材日の前週にも直接お客様に対し建物外壁に関するセミナーを同氏が運営した。知識も経験もまだ未熟な新入社員に、責任ある仕事を大胆に任せることに「変わっている」と感じたという。
 苦労や不安はなかったのかと伺うと、「当然ある、しかし、だからそれに伴って達成感がある。」とのことだ。新入社員がすぐにこうした経験を積めることはそうあることではないだろう。 しかも、そのセミナーで受講者の方から分かりやすいと言われ、見積りの依頼まで得ることができた。
 同氏は学生時代から計画を立てることが苦手であり、また、入社半年程度で当然専門的な知識にも自信がなかった。それでも大きい経験となったと現在語れるのには先輩社員の支えがあったと言う。フォローや励まし、負担が重くなりすぎないような配慮、つらいといった心境への理解を得、自分で考える機会も与えてくれ、とにかく頼りになった。物事を整理してから聞く頼り方まで学ばせてもらった、と言う。それにより同氏は今、まず行動することの重要性を感じ、新たな経験を得たいという前向きな姿勢で、生の現場での経験を次々に吸収している。素晴らしく良好な循環だ。
 就職活動の際、社長自らが各種説明会に参加し、事業の話よりも、理念やなぜ働くかについて説明しているのを聞いたそうだ。これも「変わっている」と感じた点の一つである。大企業ではないからこそ成長できそう、それに加え社長の話す理念や考え方の下、まとまりのある 良いチームとしての姿が見えた。そして理念に共感し志望することを決めたそうだ。
 理念に「お客様第一」がある。これには考えさせられるところが多分にあると言う。大先輩の方がお得意先に伺ったとき、簡単な作業内容だったため、費用は取らず工具を貸し出し無料で対応した。利益を考えたら有り得ないことだが、お客様を第一に考え何がベストかを考えた結果だ。これも「変わっている」。
こうして日々「お客様第一」を痛感し、先輩方の目配りや心配りの行き届いた中で経験を積み、自己成長を遂げることができている、と嬉しそうに語る今瀬氏がとても印象的だった。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課 
TEL:078-805-1582(学内線:2687) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ