ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 思い切ってやりたいことをやれる環境

 藤本 佳奈子 さん
 2010年 法学部 卒業
 神栄株式会社
 食品部 東京営業グループ

神栄株式会社についてはコチラ

 入社時から食品部に配属され、現在、東京営業グループで冷凍食品の営業・販売を担当されている藤本さん。そのお仕事の内容と、やりがいについてお話を伺った。
 神栄食品部では、冷凍野菜、フライなどの冷凍調理品、魚の切り身などの冷凍水産加工品を扱っている。 藤本さんは、それらの食品の営業を担当されている。
 入社時に、身近で、形のあるものに携わりたいという思いから食品部を希望した藤本さんは、現在のお仕事のやりがいについて、「やりたいことをやらせてもらえること」とおっしゃった。大手商社とは違って、同じ営業でも色々なことができる。例えば仕入れや製造に直接提案することも、店頭に行って販売に関わることも自由にできる。仕事の範囲は「仕入」と「営業」というように分かれてはいるが、仕入が、製造業者から紹介された製品を営業に伝えたり、逆に営業が客先のニーズを汲み上げ、仕入に伝え、それに合った商品を仕入れてもらうこともあるそうだ。商品開発に関しても、アイデアを思い付いたものが年次に関係なくそれを手掛け、色々なニーズを商品化しているという。「やりたい」という声を上げればやらせてもらえる環境がある。たとえミスをしても皆がトライアンドエラーの繰り返しで成長するということを理解しているので失敗を恐れる必要がない。そういう意味で「自由な」会社であると、藤本さんはおっしゃった。
 藤本さんは、入社してすぐに担当顧客を持ち、中国出張も経験されている。若い時から広い裁量範囲を与えてもらえる神栄は、創業ははるか昔でありながらベンチャー企業のような環境があるという印象を受けた。「東京での営業は、まだまだこれから。早く、誰もが知っているような大手の取引先に自社の商品を並べたい」と今後の展望を語ってくださった藤本さん。営業として働くことの、そして神栄で働くことの魅力が、強く伝わってきた。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課 
TEL:078-805-1582(学内線:2687) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ