ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界別パネルディスカッション』

食品

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。
A1. 伊藤園のかかげている「自然・健康・安全・おいしい・良いデザイン」という5つのコンセプトを基に開発された商品は、お客様が買い物を行うスーパーや自動販売機に並んでおり、生きる為の必要不可欠な飲料として皆さんの元へ届きます。以前の様に 家の中で急須でお茶をいれるだけでなく、抹茶を点てる文化も継承したり、現代にあったティーバックやインスタント、ペットボトル飲料も広く展開しています。(伊藤園)
A1. 朝食にコーヒーを飲み、運動の時にはスポーツ飲料で水分補給、疲れたら栄養ドリンクでパワーチャージ。移動時にもボトル飲料で持ち運びが出来ていつでも喉を潤すことができる。そんな日常生活での様々なシーンの中で、当社は皆さんの生活に潤いを与えるための“清涼飲料の製造と販売”という事業を行っています。その他にも、健康や美容をサポートするためのサプリメント等の販売も行っております。(ダイドードリンコ)
A1. (山崎製パン)
Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。
A2.  一番の魅力は、「食」という人間に密接に関わる仕事ができる点です。自分が提案、開発した商品をお客様が手に取り、口にする姿を間近で見ることができます。また、自分の愛する商品や会社について、お客様から喜びの声やお褒めの声をかけていただく事ができ、身近に感じることができます。
 魅力は数え切れない程に存在しますが、「食」に携わるということで、社会的責任も大きく、非常にやりがいの大きい無限大に伸長できる業界です。(伊藤園)
A2. 「食」というのは生活の中で一番身近なところにあります。そこに喜びを感じることができる仕事は、他の業界では感じることの出来ない魅力です。普段の生活の中でも、自販機やスーパー・コンビニなどで当社の飲料を購入されているお客様を見かけた際にはとても大きな喜びを感じます。もちろん「食」は全世界共通ですので、全世界に可能性が広がっていることも魅力のひとつだと思います。(ダイドードリンコ)
A2. (山崎製パン)
Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。
A3.  「食品業界」は安定していると思われがちですが、決してそうではありません。消費者のニーズの多様化や少子高齢化など、時代の変化とともに各企業間の競争は激化しています。既存の製品を従来のように販売するのではなく、常に時代の変化を敏感に察知し、イノベーションを起こすことが求められています。インバウンド市場もその一環といえるでしょう。(伊藤園)
A3. 飲料市場は飽和状態であるというイメージを持たれているのですが、実際には飲料の可能性はまだ無限に広がっています。たとえば少子高齢化に向けた飲料や、美容系飲料のブームなど、その領域は日本だけにとどまらず、全世界をフィールドに沢山のチャンスがあります。(ダイドードリンコ)
A3. (山崎製パン)
Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。
A4.

伊藤園は「ルートセールス」を営業の基本としており、商談からフォローまでの全てを行うことで、お客様のニーズを知り、商品開発に活かしています。日々のお客様との会話から解決の糸口が見つかる事もあります。売場提案、付加価値の提供という点では、人々を喜ばせることが好きな方も挙げられます。
業界の競合は、コーラ様・サントリー様・アサヒ飲料様と世界に目を向けた企業ばかりです。こういった環境の中で、全社一丸となって共に働けるような人財をお待ちしています。(伊藤園)

A4. 色々なことに興味を持つことができ、それを行動に移すことができる人、つまり何事にもチャレンジできる人です。例えば「食」で考えると、好きなものしか食べないというような食わず嫌いではなく、一度はチャレンジしてみる、新商品に興味を持ちチャレンジしてみる、などです。
そういった日常での姿勢は、少なからず仕事にも反映されると思います。想いだけでなく、行動に移すことができるかどうかがポイントです。(ダイドードリンコ)
A4. (山崎製パン)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課 
TEL:078-805-1582(学内線:2687) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ