ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 自分の信じる軸を忘れないこと

 山内 良太 さん
 2013年 理学研究科 修了
 株式会社大真空
 中央研究所

株式会社大真空についてはコチラ

 お話を伺った中央研究所で働く山内さんは、大真空に出会うまで、水晶のことは何も知らなかったと言う。初めのころは本当に何もわからなくて、先輩に聞いたり自分で勉強したり、仕事についていけるように努力をしたそうだ。しかし山内さんは入社二年目ながら新製品の開発プロジェクトに携わる未来を期待されている技術者。現在は新製品の研究や実験、試作を繰り返し、製品として世に送り出すことを目指し、日々活躍している。
そんな山内さんに、仕事のやりがいとは何かたずねると、にこやかに「失敗の連続を越えて、有用な結果を見つけること」と語ってくれた。前例のないことを一からやる研究という仕事には思い通りにいかないことが当たり前だと山内さんは語る。自分の中でも本当にできるのかと思いながら実験を繰り返し、その中で結果が出た時は、大きな達成感を得られるのだそうだ。
 失敗を繰り返しながらも結果を求めていく、そのモチベーションを保つ秘訣は何なのだろうか。「無理やりであったとしても、自分が芯にする理論を信じ抜くこと」が山内さんの秘訣である。実験が失敗するというのは、その理論からずれてしまっているから。それではどの部分が間違っていたのか、どうすればよいのかを深く考える。この「思考を止めずに次の手を考えていく」ということが大真空での研究の仕事に必要不可欠な考え方であるという。
 ご自身の今の目標は「今携わっている製品を世に送り出すこと」。長い年月をかけて研究を行っても、それが必ず製品化されるという訳ではない。しかし、だからこそ製品化されたものが高品質で人の役に立ち、世の中を便利にする。大変だが、成功した時に大きな達成感を得ることができる。山内さんのお話を伺う中で技術者としての「根気強さ」を強く感じた。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ