ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
古野電気

 技術のインテグレーションで未来を切り開く

 古野電気は、船舶用電子機器において世界トップレベルの総合メーカーである。近年ではGPS機器や医療機器、ITS機器など新分野においても事業を展開している。世界で活躍する古野電気の「技術力」について、舶用機器事業部開発部長で、ご自身も神戸大学OBの石原眞次氏にお伺いした。
 船舶用電子機器に馴染みのない方も多いと思われるが、話を聞けば聞くほど面白い製品群であることが分かる。古野電気が世界で初めて実用化に成功した魚群探知機、安全な航行に欠かせない船舶用レーダー、衛星通信システムなど。「商船関係、漁船関係、プレジャー関係、3つの分野を全部やっている会社ってなかなか無いんです。」と石原氏は語る。古野電気は、その強みで世界中の航海を総合的に支えている。
 世界に誇る古野電気の「技術力」の背景にはどのようなものがあるのだろうか。「自由闊達」で、自分が思ったことを言いやすい職場の雰囲気、それを仕事として実現しやすい環境がある。そして、一人ひとりのエンジニアが「新しいものをつくろう、社会の役に立つものをつくろう」という思いをもっている。「環境だけでも技術だけでもダメ、そういう強い思いがないと結果につながらない。」と石原氏。エンジニアの熱い思いが、古野電気の魅力的な製品を生み出している。
 これからの古野電気は、この高い「技術力」を活かしてどのような製品を作り出すのだろうか。現在、古野電気では、今までに培った技術のインテグレーション(統合)による、新しい製品の開発に取り組んでいる。神戸大学工学部とも、「気象レーダー」に関する共同研究を行っているそうだ。「海上」で培ったレーダー技術を、次は「地上」で活かしゲリラ豪雨を予測するなど、防災や減災に貢献することを考えている。
 このように、古野電気の「技術力」はあらゆる分野に広がる可能性を秘めている。次はどのような「技術のインテグレーション」をするのだろうか、と考えると非常にワクワクする。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ