ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
アシックス商事

 「利益」よりも「社員」

 2014年6月にアシックス商事の社長に就任された梅垣社長。企業を経営する上で最も大事にしているのは「社員やその家族」であるという。社員が活き活き働ける環境があれば、事業は必ず上手くいく、と言い切る。企業をとりまくマーケットもますます複雑化し、ともすれば「利益」が最優先になってしまいがちである昨今においても、「社員」を最も大事に思う気持ちは揺るがない。
 経営理念にもある、「企業の存在価値を高め、参画する全てのものと共に発展する」ためには「目先の利益」のために働くのではなく、「社員の幸せ」のために全社員が働いた結果として利益が生まれるべきであるという。社長自身も、全社員が目を通せる「マネジメントレター」を月2回発行されており、その中で繰り返し社員に求める姿勢などを記して、意識の徹底をはかっている。また社員と同じフロアで仕事をし、積極的に話をする機会を設ける努力もされている。そうした働きかけもあって社員にもその思いは浸透し、現在では社員の提案によって「社員を幸せにする会社作り研究会」が発足。より一層、一体感を持って会社を運営していこうという気運が高まっている。
 そうした思いはしっかりと結果にも結び付いている。創業以来一度も赤字決算がなく、ここ数年は毎年売り上げが上昇している。堅実経営が社員の安心感にも繋がり、社員が安心して働けるからこそ、売り上げが上昇するという好循環が発生しているのだろう。
 「グローバル化に対応」や「国内での拡販」といったアシックス商事のこれからのビジョン。その目標達成のためには、社員を大切にする社長の思い、そしてその思いに応える社員の存在というその二つの必要性が伝わってきた。社長の言葉を借りるなら、その要素がそろえば「自ずと結果が出る」。その素地が整っていることがアシックス商事の最大の強みなのだと感じた。

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ