ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界別パネルディスカッション』

鉄鋼・電力

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。
A1.

皆さんのご存知の通り、関西電力は皆さんの生活と切っても切り離せない関わりをもっています。それは電気という、あって当たり前の生活の一部としての関わりです。ただ、その電気は生活全ての根幹を支えています。電車に乗る、電話を使う、食事をする、生活の全てに電気が関わっています。それ以外にも、関西電力のグループ会社のケイオプティコムや関電不動産、関電SOS等、生活の全ての部分を関西電力グループが担っています。(関西電力)

A1. 当社は鋼線製品の総合メーカーです。高炉メーカーで製造された鋼線材を、用途に合わせて様々な加工をすることで、多くの分野で当社の製品は利用されています。例えば、橋梁やマンション等のコンクリート構造物を補強する鋼線、自動車弁ばね用鋼線等のばね用鋼線、クレーンやリフトに使われるワイヤーロープなど多くの製品がありますが、実際、わたしたちの身の回りの生活において、当社の製品のみだけで利用されるということはなかなかありません。しかし、当社の製品はいずれも、それらを構成するうえで必要不可欠な製品として支えています。(神鋼鋼線工業)
A1. 数千年前に人類が鉄と出会ってから今日までの間、鉄無しで私たちの生活は成り立たない程、深く関わっています。例えば皆さんが通学に利用する電車のレールや車輪、授業を受ける校舎の骨格、コーヒーの缶、発電エネルギー源の石油やガスを掘削する管や輸送用のパイプラインから、自動車、家電、明石海峡大橋まで、まさに鉄は地球上の人類すべてを支える素材です。(新日鐵住金)
Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。
A2. 電力会社の業務は本当に幅広いです。技術系職種としては、火力・原子力の発電所で勤務し、電気を生み出す業務についたり、流通部門で電気を送電する業務についたり、皆さんの電気を直接支える業務につきます。事務系職種では、総合商社のように燃料を購入する業務や、国際事業を展開するような業務もあります。他にも営業部門や人事部門、新たな事業を考えるグループ経営部門など様々な種類の仕事があります。ただ、どの仕事も「人々の生活を支える」という社会の根幹を支える部分に繋がる仕事ばかりです。(関西電力)
A2. 鉄鋼製品はスケールの大きなものも多く、これらを製造することはもちろんですが、つくるのみではなく、実際に使用される構造物や製品を目にすることができる点に魅力があります。例えば、技術者であれば当社の製品とユーザーのニーズとの間にある課題を抽出、改善し、試作、実験、そして工場での製品製造から、ユーザーへの売り込み、実際に使用されるところにも立ち会うことができます。このような中で、何度もユーザーと打ち合わせや試作、実験を繰り返すといった苦労も大きいですが、その分、担当した製品が実際に利用されているところを目にできたときには、やりがいを感じます。(神鋼鋼線工業)
A2. 天然資源から工業製品を生み出す鉄づくりのプロセスは、長い時間を掛けて数え切れないほどの人が関わっています。また、お客様も世界中の様々な産業に広がっていて、非常に裾野が広いことが特徴です。多くの仲間と同じ目標に向かって苦労を分かち合い、世界中の産業に貢献できることが喜びであり、私たちの誇りです。(新日鐵住金)
Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。
A3. 「電力の全面自由化を迎え、既存の電力会社はピンチを迎えている」というイメージをもたれている方が多いと思います。実際には、我々はこれをチャンスと捉えています。これまで半世紀以上も電気事業を担ってきたという経験やお客さまとの関係、また、電気以外の生活を支える様々なグループ企業を所有し、電気だけではなく、生活全てを支える総合エネルギー企業として、展開する力は大きいと考えています。変革の時代ではありますが、我々の行なう「人々の生活を支える」という点に何の変化もなく、むしろその重要性が高まっていると感じ、今後の自由化競争に立ち向かいたいと考えています。(関西電力)
A3. 鉄鋼業界としてみると、やはり高炉メーカーの存在が大きく、鉄鋼業界=製鉄というイメージが強いと思います。しかし、鉄鋼製品が利用される分野は多く、ニーズも多岐にわたり、使用される製品とするまでには多くの段階が必要です。このような使用される製品までつくりあげるといった側面もあり、高い技術を持った会社も多く存在します。鉄鋼業界=製鉄のみだけではなく、様々な分野と関わり、活躍できる分野は幅広いです。(神鋼鋼線工業)
A3. 鉄鋼業界は、縦割りで官僚的というイメージを持たれているかもしれません。当社では「議論に上下なし」という風土があり、周囲を説得すれば年齢や役職に関係なく中心となって仕事を進められます。また、暑苦しい男の世界と思われがちですが、近年は文系で3割、理系で1割以上女性が入社しています。あなたの持つイメージが正しいかどうか、ぜひ直接自身の目で確かめてください。
(新日鐵住金)
Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。
A4. 「変革を求める人物」と思う人物です。これからの電力業界やエネルギー事業には「変化・改革」求められます。電力やガスが自由化を迎える今、“これまでどおり”では企業として生き残っていけませんし、これからの時代を担う若手には新たな視点や変化が求められます。なので、新たなことにチャレンジしてみたい、この業界を変えてやる!という強い想いを持った人物を求めています。(関西電力)
A4. ひとつの製品をつくりあげ、実際にユーザーに使用して頂くまでには、多くの人が関わっています。特に鉄鋼製品の場合には、ひとつひとつのスケールが大きいものも多く、自分1人の力ではどうすることもできないことが多いです。その中心を担っていくには、上手く人を巻き込むことのできる、ときにはうまく巻き込まれるような人が向いていると思います。(神鋼鋼線工業)
A4. 様々なキャラクターの社員が活躍しているので一概には言えませんが、鉄は産業活動に欠かせない素材なので供給を止めることは許されず、また大きなビジネスには責任がつきものです。責任感ある仕事に喜びを感じて、自身で考えて行動できる人が向いているかと思います。(新日鐵住金)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ