ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界大研究』

鉄道

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。
A1. 日々ご利用いただく鉄道を中心とした運輸業はもちろん、戸建住宅やマンションといった住まいを提供する不動産業、ショッピングモールやスーパーの経営といった流通業、遊園地やホテルの経営といったレジャー・サービス業など、お客さまの生活全体を視野に入れ、豊かな社会、生活を提供するのが私たちの事業です。つまり、みなさんの生活と非常に密接に関わっているのが当社です。沿線地域はもちろん、沿線外にも積極的に事業を展開しており、より多くの方に快適な生活環境をお届けしています。 (京阪電気鉄道)
A1. 鉄道会社の中核事業である鉄道は、通学・通勤・出張・旅行など、様々な目的によりご利用していただいており、皆さんが社会生活を送るなかで、なくてはならない存在です。また、当社は、安全・安定輸送をベースに、新幹線に代表される大動脈輸送や京阪神エリアの都市圏輸送、その他の地域交通を提供するとともに、エキナカビジネスやショッピングセンター・ホテル事業など生活関連事業の拡大を通じて、地域に暮らす人々の日常生活を支え、より安全で豊かな社会の実現に貢献しています。(西日本旅客鉄道)
A1. 駅や電車などの都市交通サービスはもちろん、その他の分野でも阪急電鉄が多岐にわたる事業でみなさんの生活に様々な彩りをお届けしていることをご存知でしたか?例えば、ビル事業では、グランフロント大阪やHEP FIVE、阪急西宮ガーデンズ等、商業施設やオフィスを開発・運営しています。皆さんがショッピングやデートを楽しむあの施設も、阪急電鉄が手がけた施設かもしれません。それらは、単なる「点」ではなく、鉄道と連なった「面」として皆さんの生活に結びついています。通学帰りに駅前のカフェでお茶をする。そんな何気ない日常も、「移動」と「レクリエーション」をさりげなくプロデュースする鉄道デベロッパーならではの作品です。(阪急電鉄)
Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。
A2. 鉄道業界で働く社員には、今後、様々な分野で力を発揮していくことができる能力が求められます。そのため、当社では積極的なジョブローテーションを行い、社員の成長を促しています。私自身、現在はひらかたパークを運営する会社に出向していますが、これまで、本社人事部の労務担当、採用担当を経験しました。現在は、ひらかたパークに関わる様々な立場の人たちをまとめながら、お客さまに笑顔を提供するため、汗を流しています。一つの会社で様々な経験ができる点、そして、自分の携わる仕事がたくさんの人に影響を与えることが実感できる点が、当社や鉄道業界の魅力だと思います。 (京阪電気鉄道)
A2. 鉄道会社で働くということは、お客様の当たり前の日常を支えるとともに、地域経済のみならず日本経済を動かすということにも繋がります。その担い手として、私たちの仕事があり、関わる仕事の1つ1つが、お客様の笑顔につながり、地域の活性化に貢献することが実感しながら仕事ができることが、JR西日本で働く醍醐味の1つです。(西日本旅客鉄道)
A2. 私はマンション事業、中でもマンションの販売に携わっていたのですが、その中で感じた魅力は大きく2つです。1つ目は、お客様の暮らしに非常に近いところにある仕事であり、しかも人生の重大な場面に立ち会えること。マンションを購入するというのは、お客様にとって一大イベントです。暮らしの基本となる場所であり、かつとても高額なお買いものなので、そのお手伝いをする仕事は涙なくては語れません・・・。2つ目は、自分が考えたもの、携わったものが形となって残る仕事であること。不動産の開発事業は基本的に建物を創る仕事なので、自分の仕事が永きに渡って人の暮らしや街に影響を与えていくことに魅力を感じます。(阪急電鉄)
Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。
A3. 鉄道業界は安全を第一としており、保守的、安定志向だと思われがちですが、時代の変化に対応すべく、各社、様々な新規事業に参入しており、介護や文化、農業や観光の分野など、意外な分野でも挑戦を続けています。当社グループでも実際、昨年から有機野菜の宅配・卸売事業を展開することにより、「オーガニック」という新しい市場を開拓し、新たなライフスタイルを発信しています。
(京阪電気鉄道)
A3. 企業風土や社員について、「堅い」イメージを持っているかもしれません。事実、当社の最大の使命は「安全・安心な鉄道を提供すること」であり、社内ルールや規律など、守らなければならない、変えてはならないことも多数存在しますが、国内市場縮小など経営上の課題も多く、既存の枠組みに捉われず、新たな発想やチャレンジにより、鉄道をはじめとしたあらゆる事業に新たな価値を生み出していくことが求められています。(西日本旅客鉄道)
A3. インフラ業界ということもあり、「お堅い」「決められたことしかできない」というイメージを持たれる方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。しかし、自動改札機、ビルの上の大観覧車、駅ナカビジネスなどが代表的な、当社が手がけた日本初の取り組みの数々…それは当社が業界初の試みを得意とするパイオニア的存在であるからこそ生み出せたサービスと自負しています。それらは、ご乗客のニーズや夢を叶えることを考え新しい試みを行ってきた創業以来受け継ぐ“進取の精神”によるものです。そのチャレンジ精神は現在も阪急電鉄で生き続けています。ひとびとの暮らしに快適と安心を、そして夢や彩りを求め、阪急電鉄は挑戦を続けます。(阪急電鉄)
Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。
A4. これまで述べてきたように、本当に様々なフィールドがあるのが鉄道業界です。そして、人の暮らしそのものをトータルに提案、サポートしていくのが我々の仕事です。ですので、鉄道業界で働く人は、今後益々、過去にとらわれない発想や、チャレンジ精神が求められると思います。常にアンテナを張って、新しい提案を立ち上げ実行していく、そして何よりも自ら進んでチャレンジする姿勢を持った人が、この業界に向いていると思います。 (京阪電気鉄道)
A4. 物事に責任をもって取り組める方だと思います。鉄道会社は、求められる使命が大きい分、重責を伴う仕事が多く、荷が重いと感じてしまう仕事もありますが、一人ひとりが役割を果たさなければ、お客様や地域の方々の期待に応えることができません。自身の使命や役割にコミットし、成果や品質を高めるために、知恵を出し、周囲を巻き込み、粘り強く取り組める人がこの業界には向いていると思います。(西日本旅客鉄道)
A4. 人と協力して何かを進めることが、好きな人。前述のように、基本的には地道な作業や交渉を積み重ねるわけですが、そこに携わるのは想像以上にたくさんの人々です。社内だけでなく、たくさんのパートナー企業と協力しながら仕事を進めていきます。ですので、仲間と協力することやコミュニケーションが好きな人は向いているかもしれません。あと、これはどんな仕事でも共通かもしれませんが、ちょっとやそっとではへこたれないことです。(阪急電鉄)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ