ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界別パネルディスカッション』

機械

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。
A1. 普段何気なく食べているお菓子などの食品。どの袋を選んでも同じ重さが入っていて、異物などは混入していません。お肉などのラベルには、間違いのない重さと値段が書かれています。当たり前のことのようですが、その「当たり前」はイシダが支えています。イシダの主な事業フィールドは、【食品】に関連する産業分野。安全・安心な食のために欠かせない製品やサービスを提供し、「食のインフラ」を構築しています。例えば、計量機や包装機、異物検査装置などで食品製造をサポート。お肉や惣菜の量り売りに使われる対面ハカリやレジなどの製品で小売店をサポートしています。皆さんが口にする食品の大半が、イシダの製品を通ってきたものなのです。(イシダ)
A1. 身の回りにある、スマートフォン・テレビ・自動車・航空機・電車などに代表される工業製品により、私たちは便利で快適な生活を送っています。そのような工業製品は、多くの部品、金型から作り出されたものの組み合わせによって作られています。このような部品・金型を作っているものが工作機械です。さらに、産業用ロボットなどの産業機械も工作機械によって作り出されているため、工作機械は、機械を作るための機械・モノを生み出すための機械、「Mother Machine」とも言われています。このように工作機械は、航空・宇宙産業等の最先端製品から日常生活用品にいたるまで、様々な産業の発展を根底から支え、人々の豊かな暮らしに貢献しています。(オークマ)
A1. 1950年、国産初の硬貨計数機を開発。手で数えることがあたりまえだったお金を、人に代わり機械が数える。リーディングカンパニーとして開発した数々の通貨処理機は、金融機関をはじめ、スーパー、交通機関など、お金を扱う幅広い分野で、厳正化・効率化に無くてはならない存在になりました。今では国内に加え、100カ国以上で利用されるまでに活躍の場を広げています。また、コア技術である『認識・識別技術』の応用により『手書き文字認識技術』『顔認証技術』などを開発。非現金分野にも事業領域を拡大しています。オンリーワンの『見極めるテクノロジー』で、もっと安心で、もっと便利な世の中へ。それが私たちグローリーの使命です。(グローリー)
A1.

上下水道システムを円滑に動かすマンホール内の「水中ポンプ」、工事現場で活躍する「ダンプカー」、ゴミを回収・運搬する「清掃車」、その回収されたゴミを資源に換える「リサイクルセンター」、マンションやビルに車を駐車する為の「機械式駐車設備」、空港のデッキと飛行機を結ぶ「旅客搭乗橋」、そして大空を羽ばたく「航空機」
このような当社の製品群、普段はあまり気にしていないと思いますが、考えてみると結構お世話になっているのではないでしょうか?
当社の製品は、製造業の中でも「あると便利。」ではなく「ないと困る!」という製品が多く、そういった製品を開発・製造することで、陰ながら世の中の社会基盤を支えています。(新明和工業)

A1. わたしたちが扱うエレベータやエスカレータなどの空間移動システムは日々の暮らしに深く関わっています。あなたが普段何気なく使っているかもしれないエレベータも、”安心・安全・快適”を追求したアイデアの結晶です。たとえば業界初のプラズマクラスターイオン技術(シャープ株式会社製)搭載型エレベータなど、フジテック製品のなかには異業種とのコラボレーション製品もたくさんあります。オフィスビルや商業施設などの様々な建物に導入されていますので、ぜひ今度エレベータに乗る際は中を観察してみてください。(フジテック)
   
A1. 私たち村田機械の仕事はモノづくりのためのモノづくり。つまり縁の下の力持ちということです。
例えば、皆さんが毎日着ている洋服を作るための原料となる糸。その全世界の糸の約40%が私たちの機械によって作られていたり、皆さんが普段利用している自動車もほとんどの車が私たちの機械で作られたエンジンやブレーキなどを搭載しています。このように決して目立つ存在ではないですが、世界中の皆さんがより豊かな生活をするためのモノづくりを縁の下で支えている、これが私たち村田機械の存在意義です。(村田機械)
Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。
A2. 一つは、商談のスケールの大きさ。お客様が工場で製品を生産するための設備を、生産ライン丸ごと設計・提案して受注することもあるので、一つの商談で数億円の案件となることもあります。営業マンはそんな大きな商談を技術部門や協同する他社も巻き込んで統括していきますので、かなりの折衝力やスキルを身につけられます。また、自身の知識や気づき、アイデアを基にお客様の生産を効率化させることができますので、営業マンでも「モノづくり」に深く関わることができることです。技術者であれば、多くの商品が受注設計となるので設計スキルを鍛えられること、お客様との距離が近いことが魅力だと思います。発売前の新製品の試食も魅力の一つ?(イシダ)
A2. 機械という業種で見ると、やはり自分が関ってきた製品が実物としてあるので、その製品が実際使われている所を見たり、テレビに映ったりすると嬉しく思います。その他、自社製品に自社製の部品を数多く使っているため、最初から完成品になるまでの一貫した物づくりを見ることも出来ます。当社では、教育期間中にオーバーホールという、完成品を分解し組み立て直すという作業も行いますので、完成品全体の構造を理解することが出来ます。
また、工作機械を通じ、様々な業種・規模のお客様の声・情報を聞く・知ることができること、そしてお客様の生産に関われることも大きな魅力です。この点は産業全体を支える工作機械ならではの魅力だと思います。(オークマ)
A2. 製造業で働く魅力は何と言っても、独自の技術力、そして従業員の努力の結晶である「製品」というモノをとおして世の中に貢献できることです。私たちグローリーには、弊社の製品が通貨(貨幣)の流通を支えていると自信と誇りがあります。技術系は「長年に渡り培ったノウハウで、世の中にまだ無いものを生み出す」。事務系においては「顧客の業務分析を行ったうえで、それぞれの顧客に合わせたソリューションを提案する」。カタチは違えど、モノづくりに関わっています。また私たちのような完成品メーカーですと、自分たちで作った、または拡販した製品を市場で目にすることができるという点も魅力のひとつです。(グローリー)
A2. 何といっても、自社の製品が世の中で活躍している所を実際に自分の目で見る事ができる事ではないでしょうか?
街中で見る「駐車場」や、ダンプカー等の「特装車」、空港での「搭乗橋」など、普段の生活の中で少し意識してみるだけで、当社の製品やロゴマークを目にする事ができます。自社の製品を実際に見たときにはやはり気持ちも高揚し、とても誇らしい気持ちになります。
この「自分たちの仕事が世の中の役に立っている」という実感は、完成品メーカーならではの喜びでもあると思います。(新明和工業)
A2. エレベータやエスカレータは安全に動いて当然の製品ですが、だからこそ自分もその「当たり前」を支える一員であることに誇りを持てる点が魅力です。また当社は開発設計から販売、生産、据付、メンテナンスまでを一貫して行う専業メーカーですので、競合する総合電機メーカーと比べるとお客様との距離が近く、会社全体の雰囲気もアットホームであるように思います。(フジテック)
   
A2. 「タクトタイム(生産に必要な時間)を半減させたいがどうすれば良いだろう?」世界最大の自動車メーカーの技術者から難しい課題が投げかけられ、それを解決するようなソリューションを提案する。それが私たちが日々取り組んでいる仕事です。ソリューションの構築には文系も理系もありません。皆でお客様のモノづくりの現状や課題を共有し、アイデアを形にし、お客様の、ひいては世界中のエンドユーザのお役に立てる、そんな責任が非常に大きく、その分やりがいもとてつもなく大きい仕事が出来ることがこの業界で働くことの魅力です。(村田機械)
Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。
A3. 大きな機械や複雑なシステムを扱うことが多いので、文系出身者には活躍の場が少ないというイメージをもたれることが多いのですが、機械メーカーだからといって機械系出身の人ばかりが働いているわけでは決してありません。当社の場合、社員の半分以上は文系学部出身者です。大学での勉強内容と仕事の内容は必ずしも一致しているものではなく、文系・理系ともに様々な素養を持つ人が活躍している業界です。(イシダ)
A3. 手完成品メーカーなどでは、1つの製品を何百人単位で開発することがある為、1人が担う領域が限定的になり、製品全体を見渡しながら仕事をすることが難しいと聞いたことがありますが、当社では、1つの製品に対し、10名前後で開発するため、担える領域が広く、製品全体を見渡しながら開発・設計することができます。
また、文系出身の方も多く活躍しています。セールスは勿論、その他にも多くの活躍のフィールドがあります。(オークマ)
A3. 「製造業というと文系の働く場所が無い」というイメージをお持ちの方が多いですが、様々な部門で文系の方々が活躍しています。特にお客様のニーズのヒアリング、業務分析をしたうえでのソリューション提案を営業部門が担当しており、その責任は重大です。また機械だからといって機械系出身でないといけないことはありません。オンライン化や顔認証システムなどの取り組みから、情報系・電気系の方の採用も積極的に行っています。(グローリー)
A3. 私たちの目標は「当社の製品をたくさん売る事」ではありません。
当然、自社製品が全く売れなければ、会社の経営は成り立ちませんし、それはそれで非常に重要な事ですがそれは結果でしかありません。
当社の製品は、納めた先の事業活動に大きな影響を与える事が多くあります。
ですから、社員は「売る為」ではなく、あくまでもお客様の立場に立って、「その事業の改善」を考えます。当社の「モノづくり力」によってお客様の課題を解決する。その課題解決に全力で取り組むことで世の中のインフラを支え、社会貢献する事を目標としています。そしてその結果が自社に帰ってくる。
結果は同じように見えても、考え方は全く異なります。(新明和工業)
A3. エレベータやエスカレータなどの空間移動システムは日々の暮らしに大きな関わりを持ち、人の命を預かるという大きな社会的責任を伴う製品です。そのため常に高い安全性と信頼性を保ち、性能をさらに向上させていくことが求められます。しかし従来システムの維持や新技術の追求だけにとどまるのではなく、世の中のニーズを反映させる新技術の開発を通して、安全で快適な空間づくりを目指して革新を続ける創造的な業界でもあります。(フジテック)
   
A3. 誤解されているとは思いませんが、機械メーカーというとどうしても堅い、地味なイメージがあると思います。また理系中心で文系は経理か人事くらいしか思い浮かばないというイメージもあるのではないでしょうか。でも世界中の様々な業界のお客様と一緒にイノベーションを作り上げる機械メーカーは予想に反してダイナミックで非常に面白く、文系も営業、企画、輸出、法務などあらゆる分野で活躍しています。(村田機械)
Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。
A4. 営業系の仕事であれば、「気づき」の力がある人です。お客様の生産現場を見せて頂き、少しでも引っかかる部分(なぜこんなに人が多いんだろう、とか、これ、○○で改善できるんじゃないか?など)に気づいて商談に結び付けられる人が向いていると思います。技術者であれば、やはりしっかりと技術的な素養を持っておられる人です。機械・電気・ソフトの設計が中心になりますのでその分野を勉強された方が向いていると思います。(イシダ)
A4. 当社は機械技術者だけで工作機械を開発・製造している訳ではなく、電気・情報技術者、生産現場の組立や品質管理をする人々などと共同で仕事を進めていきます。このように自分の専門外の知識を持った人たちと共同で仕事を進めていくので、専門外の知識を増やすチャンスが豊富ですし、円滑に仕事を進めるためには、専門外のことに興味を持ち、知ろうとする姿勢が大切となるため、好奇心と探究心が強い人が向いていると思います。(オークマ)
A4. まず技術系ですと「モノづくり」に関わりたいという強い思いが無ければ、設計職は勤まらないかもしれません。新しい価値を世の中に提供するということは並大抵のことではありません。また事務系においては「常に前を」という志向が求められるのではないでしょうか?いつも商談がうまくいくわけではありません。成功も失敗も、その経験を糧にして次に繋げるという気持ちは大切だと思います。 (グローリー)
A4. 重工業メーカーでは比較的サイズの大きな製品を取り扱います。
ですので、当然一人では何にもできません。開発、設計、製造、品質保証、営業、保守メンテナンスまで、あらゆる部署から協力会社の人たちまでたくさんの人たちに支えられて1つの製品が成り立ちます。ですので、「自分一人で何かをやりたい」よいうよりは、「仲間と目標に向かって活動し、チームで何かを成し遂げたい!」という「和の精神」を重んじる考え方が何よりも重要です。(新明和工業)
A4. 当社では入社2〜3年目からメイン担当として仕事を任されるため、責任感とともにやりがいを感じることができます。そのためには受身の姿勢ではなく自ら計画を立て遂行する能力が必要だと思います。仕事をするうえでは業界や職種を問わず、周囲の人たちとコミュニケーションを取りながら責任感を持って行動することが大切です。自分の興味や適性を見極めるためにもしっかりと自己分析を行い、積極的に就職活動に臨んでください。(フジテック)
   
A4.  自分自身が目立ちたい、主役でいたいという人よりは、人のために何かをすることや人に喜ばれることが好きという人が向いているのではないかと思います。何故なら今まで述べてきたように私たちは一般のユーザの方に対して直接製品を提供する立場ではなく、それを行っている企業のモノづくりを支えているからです。この思いは当社の企業理念にも謳われています。(村田機械)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 キャリア・就職支援企画課
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ