ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 経営者の視点が持てる仕事

 内山 尊礼 さん
 2006年 経営学部卒業
 新明和工業株式会社
 航空機事業部 経理部

新明和工業株式会社についてはコチラ

 内山さんは、航空機事業部経理部の原価チームに所属しています。航空機に関する製品の売上原価や損益を把握し、事業部の成績を本社に報告することが、現在の主な仕事です。
 仕事のやりがいや面白みを尋ねてみたところ、「経営者的な目線で仕事ができることですね。」経理という仕事はただ数字をまとめるのでは意味がなく、その数字から、他の部門や会社全体に向けて提案することが大事。例えば、取引先の企業でトラブルが起こって製品の出荷ができずに売上が減ってしまったとき、そのリカバリーのために、人員配置の変更や代わりに力を入れるべき製品を提案する、といった具合です。他の部門でも解決策を考えるのですが、経理部では、Aという案を採用すればXという結果になり、Bという案を採用すればYという結果になる、と数値化した解決策を、他の部門全体に向けて提示できるのだとか。
 さらに、「会社全体で何が起こっているのか、広く知っておく必要がありますね。」といいます。数字をもとに提案や報告を行うときに、この数字はこういう要因があってこうなっています、という理論的な説明が、説得力を高めるからだそうです。そのために内山さんは、実際に現場に出て、自分が出した数字と実際の製品の完成具合や設備の状況が正しいか自分の目で確かめています。そうして得た情報や、経理部ならではの情報を元に仕事ができるので、経営に携われている実感が湧き、おもしろいと感じるのだとか。
 今後の目標を尋ねると、「実際に経営者になって、経営方針を決められるような立場に行ってみたいというのはありますね。」とのこと。内山さんからは、その言葉を実現させる覚悟や意欲がひしひしと伝わってきました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ