ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 飽くなき技術への熱意

 佐野 立 さん
 2001年 神戸商船大学(現海事科学部)
 大学院卒業
 株式会社ハイレックスコーポレーション
 ケーブル設計グループ ケーブル設計2チーム

株式会社ハイレックスコーポレーション
についてはコチラ

「引っぱりだこになるようなものを作りたい」と自身の目標を話してくださった佐野さん。現在はハイレックスコーポレーションの主力商品である自動車用のケーブル開発に携わっておられる。お話全体を通して、技術や仕事に対するひたむきさや情熱が伝わってきた。

最初の仕事
 技術者として車関係の仕事がしたいため、ハイレックスコーポレーションに入社したという佐野さん。初めのうちは、製図と呼ばれるトレース作業をひたすらこなしたそうだ。この仕事を通じて、自社の部品の規格や構造を覚えることができるため、技術者にとって必須のプロセスではあるが、今振り返ってみると、佐野さんにとっては、あまり面白みのない仕事だったそうだ。けれども当時は、一生懸命に取り組んだ結果、時間があっという間に過ぎたと回顧されていた。そして、現在では、図面をチェックする立場にあるという。

信頼される仕事人へ
 これまでで印象深かったことを伺うと、応援依頼があり、自動車メーカーで1年間働いたときの話をしてくださった。その中でも特に足を運ぶことの重要性を挙げられた。大勢の顔も名前も知らない人たちの中で、相談をしたい時、電話だとすんなりうんと言ってくれない。しかし、足を運ぶと話を聞いてくれて「じゃあ、こうしよう」という話になる。「信頼関係をうまく作れる人が仕事のできる人だと思います」と佐野さんは語る。今でも変わらず相手のもとに足を運ぶようにしているそうだ。

技術者としての達成感
 着実に、仕事のできる人になっていっているように思える佐野さんだが、現在ではどんなことに面白みを感じ、達成感を感じるのだろうか?それは「自分のイメージがものになるとき」だという。他社から依頼を受けたときも、自分から他社に提案する際も、部品を構想する段階は困難を極めるそうだ。それでも、その試行錯誤の中からアイデアを生み出す過程に面白みを見出し、形となったときに達成感を感じるという。「アイデアは、常に頭の片隅に置いておく」という佐野さん。淡々とした佇まいの方であったが、技術者として絶えずひたむきに熱意を持ちつづけている方だと感じた。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ