ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界大研究』

医療・美容・ヘルスケア

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。

A1.

例えば風邪で通院した時、殆どの方は医療費全体の3割だけ支払われているのではないでしょうか。医院や薬局は残りの7割を、保険者や国、自治体等に対し、その人に応じた適切な方法で請求しなければいけないのですが、これがナカナカ複雑で面倒な作業。システムを使ってコレを解決したのが私達の仕事の原点です。
それが今では、会計事務のサポートに留まらず、患者様の診療の記録や体質、アレルギーなどの医療情報をシステムで管理し、常に最適な医療が提供できるようサポートしています。今後はこの医療情報を、一つの医療機関の中に留めず、適切に共有させてどこに行っても常に最適な医療が受けられる社会を目指した取組みを行っています。(EMシステムズ)

A1.

弊社は歯科医院で使用される材料・機械を歯科医院や歯科技工所にお届けしています。高品質・高付加価値製品を市場に提供することによって、日本のみならず世界中の人々の口や歯の健康の維持・向上に寄与しています。
口腔健康は食べることや話すことに直接影響を与えるのはもちろんですが、それだけでなく認知症・心臓病・肺炎などの全身疾患と関連があることが判っています。口腔健康の維持・向上によってこれら全身疾患を予防し、人々のQOL(Quality of Life:生活の質)を高いレベルで安定させることが出来るのです。皆さんが将来介護を受けることなく、元気に長生き出来る「健康長寿社会」の実現に貢献しています。(ジーシー)

A1.

<今までより質が高く、効率的で、安心を与えられる医療を提供する>
多くの人は病院へ行ったことがあり、医療を受けたことがあると思う。その中で、待ち時間や医療スタッフの対応、治療方法など病院やドクターに対して少なからず不満を感じた事があるはず。総合メディカルは志の高いドクターや本当に患者さんの事を考えている医療機関をコンサルティングをベースに様々なサポートを行い、世の中に「今までより質が高く、効率的で、安心を与えられる医療を提供される」ことを目指している。(総合メディカル)

A1.

皆さんがヘアスタイルを整える時、また、大切なイベントの前に身だしなみを整える時、美容室に行って髪の毛を切ったり、ヘアカラーやパーマをしてみたことは誰でもあるでしょう。
タカラベルモントはそのサロン空間の一部である椅子や美容機器、希望のヘアスタイルを叶えてくれるカラー剤やスタイリング剤といった頭髪化粧品など、美容室で使われるモノを提供している会社です。理美容業界のリーディングカンパニーとして圧倒的なシェアを誇る当社の製品を、実は使った事があるという方は、意外と多いのではないでしょうか。(タカラベルモント)

Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。

A2.

この業界で働くことの最大の魅力は、企業活動そのものが社会貢献であり、自分の仕事がそのまま社会貢献に繋がっているという事が実感しやすい事です。例えば当社の場合、当社のシステムをご導入いただいた薬局が患者様の服薬情報をより正確に管理しやすくなり、患者様の飲み合わせによる服薬事故を未然に防げたという様な事例が時々発生します。このような時に、製品を提案して採用してもらった営業、導入後の運用を手厚くサポートしたインストラクター、運用後のトラブルを解決するフィールドサービスエンジニアは、それぞれの自分の仕事、自社の製品に強く誇りを感じ、仕事の充実感を得る事ができるんです。(EMシステムズ)

A2.

直接的に社会貢献をしているという実感を得られることが歯科業界の魅力だと思います。歯科診療を受けて美味しい食事が出来るようになった方や口元が綺麗になった方の笑顔を見る時にそれを一番実感します。
弊社の製品を使用して歯のホワイトニングをした患者さんから、歯が白くなったことで自信をもつことができ今まで以上に積極的になったと、単に歯の色が白くなる身体的なメリットにとどまらず精神的な効用があったことを伝えられた時に、この仕事をしていて良かったなと心から思いました。治療後に「明るくなった」、「積極的になった」と人柄まで変えることの出来る歯科医療には魅力がたっぷりです。(ジーシー)

A2.

<人の役に立つのは当たり前、それに関わる周囲も支えているという実感が沸くこと>
ドクターの転職・開業に携わり、そのドクターの役に立つ事。これは当然の事。実際はドクターの家庭やその病院がある地域医療、雇用の創出等その他大勢にまで影響を与えるような仕事を行っている。それはとても責任が重くプレッシャーにもなるが、そこで自分が納得のいく仕事ができ、多くの人の役に立てたときのやりがいは本当に大きなものになる。(総合メディカル)

A2.

美容業界、化粧品業界で働くことで、世界の最先端ファッションやヘアスタイルのトレンドに触れられるということは、自身のセンスを磨く上でも刺激になります。私たちが化粧品を通じて、人々の心を豊かにし、よりよいライフスタイルを提案しているということを実感出来ることもやりがいになっています。皆さんが「こんなヘアスタイルにしたいな」と思う時、それを叶えてくれるのは美容師さんですが、そんな美容師さんをサポートしているのが私達の仕事なのです。(タカラベルモント)

Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。

A3.

医療業界は理系のイメージが強いと聞きます。特に当社の場合はシステム会社なので、その傾向が強いです。ただ、実は文系の社員の方が圧倒的に多いんですよ。だからと言って、文系の学生を特に求めている訳ではありませんが、文理全く不問で採用活動を行っていますし、入社後もいずれの社員も活躍してくれています。開発職だけは理系学部の出身者が多いですけどね。(EMシステムズ)

A3.

弊社で扱っている製品が化学的・機械的なものであるため、文系の方には難しいイメージを持たれがちですが、弊社の営業職は文系出身者が多数を占めます。そのため入社後に一人前の業界人になるための教育システムが充実しています。
また歯科医療業界は過当競争や医療過誤などネガティブなイメージが先行していますが、人々が幸せな人生を送るために欠かせない重要な医療で、世界的には高い成長の見込める産業です。
(ジーシー)

A3.

<ドクター・医療機関相手のため、特別な対応が必要と思われがち>
社会的地位の高さや豊富な専門知識など、一般社会人とは住む次元が違う方々と思われがちだが、それは昔の姿。実際に志の高いドクターや医療機関は、自分が目指す質の高い医療を達成するために、様々な情報収集を行っている。そのニーズに合う提案・情報提供ができれば、社会的地位の高い医師からも信頼される関係になることができる。(総合メディカル)

A3.

化粧品業界といっても幅広いものですが、当社の関連する業界は頭髪化粧品の分野。一見華やかに見えますが、美容師の方々はお客様を輝かせるために、日頃から見えないところで努力を重ね、技術を磨いておられます。
そうしたプロが必要とする厳しいニーズに応えるため、品質・パフォーマンスの良さを追求したものがプロユースの頭髪化粧品であり、それを提供する当社の営業もプロとして地道な努力が必要です。華やかさの裏には本物志向の製品とたゆまぬ努力があります。(タカラベルモント)

Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。

A4.

お客様が病院の先生や薬局の先生など、「先生」と呼ばれる人がお客様になる事が多く、相対的に学問を修めてきた方が多い業界ですので、医療のプロと対等に話せる知識、人間的魅力を獲得する意欲のある人が向いています。あとは、やはり普段から「先生」と呼ばれている方が相手のビジネスですので、ある程度の我慢、自制力も求められますね。(EMシステムズ)

A4.

医療業界ですので社会貢献意識の高さが求められるのは言うまでもありませんが、特に歯科医療業界はメーカーとユーザーの距離感が非常に近い業界ですので、誰かを幸せにしたい、より良い社会の実現に貢献したいと具体的なイメージをもって行動できる方が向いていると思います。そうした思いをもって行動できる方はユーザーや社内関係者からの信頼も厚くなり、本人もやりがいをもって仕事が出来ます。(ジーシー)

A4.

<困難な事・前例の無い事を「切り拓く」ことができる人物>
ドクターや医療機関が理想とする医療を実現することが弊社の使命ではあるが、その想いが大きければ大きいほど課題が多くなり実現が困難。ましてや今までに前例の無い事であれば尚更。しかし、相手の想いに共感し、本当にそれを実現することが医療のため、社会のため、人のためになることだと感じたことを実現するために、現状を「切り拓く」ことができる人物。(総合メディカル)

A4.

この業界で仕事をする上で必要なのは、人と接することが好きなこと。美容師さんや代理店など様々な人と関わっていきますので、柔軟にフレキシブルに対応できる人が望ましいでしょう。また、多忙な美容師さんと限られた時間の中で、いかに分かりやすく情報を提供できるか、入社してからも常に表現力を磨くトレーニングを実施しています。(タカラベルモント)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ