ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界大研究』

生産用機械

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。

A1.

普段何気なく食べているスナック菓子などの袋入り食品。同じ商品であればどの袋を選んでも同じ重さが入っていて、危険な異物などは混入していません。当たり前のことのようですが、その「当たり前」はイシダが支えています。イシダの主な事業フィールドは、【食品】に関連する産業分野。安全・安心な食のために欠かすことのできない製品やサービスを提供し、「食のインフラ」を構築しています。例えば、定量計量に欠かせない組合せ計量機や包装機、異物の混入を検査する装置などで食品製造をサポート。業界で日本一のシェアを誇りますので、皆さんが口にする食品の大半が、イシダの製品を通ってきたものなのです。(イシダ)

A1.

私たちは、高い技術力を武器に大手自動車メーカーなどの生産ラインに必要不可欠な「クランプシステム」を提供し、ものづくりの「縁の下の力持ち」として貢献しています。例えば自動車のエンジンを加工する際、製品が動かないよう油圧・空圧シリンダーで固定するなど、従来は手作業で行っていた工程を自動化し生産効率を上げ、省力化やコストダウンも実現しています。そしてそこから生まれる商品は、私たちの身の回りによくある車やパソコン、洗面器など、生活に密接に関係するものです。(コスメック)

A1.

自動車、テレビ、携帯電話、食品、飲料、薬、紙、衣料、等々生活に必要なものを工場で作る場合、エネルギーが必要です。そのエネルギーは蒸気ボイラより得られます。産業用小型ボイラ国内シェア50%以上、圧倒的NO.1メーカーです。中国、アメリカ、など海外にも積極展開しています。PM2.5から中国を救い、世界の空をキレイにしていきます。またボイラで培った技術を、水処理装置、食品機械、医療用滅菌装置、業務用燃料電池、など事業領域を拡げています。「熱・水・環境」のベストパートナーを目指す、それがミウラです。(三浦工業)

Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。

A2.

一つは、商談のスケールの大きさ。お客様が工場で製品を生産するための設備を、生産ライン丸ごと設計・提案して受注することもあるので、一つの商談で数億円の案件となることもあります。営業マンはそんな大きな商談を技術部門や協同する他社も巻き込んで統括していきますので、かなりの折衝力やスキルを身につけられます。また、自身の知識や気づき、アイデアを基にお客様の生産を効率化させることができますので、営業マンでも「モノづくり」に深く関わることができることです。技術者であれば、多くの商品が受注設計となるので設計スキルを鍛えられること、お客様との距離が近いことが魅力だと思います。発売前の新製品の試食も魅力の一つ?(イシダ)

A2.

私たちの業界で働くことの魅力は、中小企業であっても世界最先端の技術をリードしている企業と互角に渡り合えることができる環境にあることです。決して「下請け」ではなく、独自の製品を開発しています。例えば自動車の新商品開発会議に同席し、生産ラインを構築していく段階から関わることができる面白さがあります。取引先もまだまだ開拓の余地があり、活躍の場は無限に広がっています。(コスメック)

A2.

熱・水・環境・エネルギー・モノづくりで「日本機械学会賞」を単独で3度も受賞した会社です。開発・設計・生産技術、モノづくりを通して、社会に貢献できる仕事です。若い人に大胆に仕事を任せていきます。一人ひとりが主人公になれる会社です。自分が担当した「完成品」を世にだすことができる仕事です。(三浦工業)

Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。

A3.

大きな機械や複雑なシステムを扱うことが多いので、文系出身者には活躍の場が少ないというイメージを持たれることが多いのですが、機械メーカーだからといって機械系出身の人ばかりが働いているわけでは決してありません。当社の場合、社員の半分以上は文系出身者です。大学での勉強内容と仕事の内容は必ずしも一致しているものではなく、文系・理系ともに様々な素養を持つ人が活躍している業界です。(イシダ)

A3.

生産現場で活躍する機器をつくっているということで、「下請け」というイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。先に述べました通り独自の製品を開発し、世界の企業と対等な立場で取引をしています。(コスメック)

A3.

日本のモノづくりは限界?と思われていますが、ミウラの場合、ボイラが納入されているお客様をあらゆる業界にたくさん持っています。ボイラ室から工場全体にソリューション営業することで成長していくことができます。また、海外の売り上げがまだ全体の10%程度なので、中国・アメリカ、など世界には大きな市場が残っており、成長していける可能性がとてもあります。(三浦工業)

Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。

A4.

営業系の仕事であれば、「気づき」の力がある人です。お客様の生産現場を見せて頂き、少しでも引っかかる部分(なぜこんなに人が多いんだろう、とか、これ、○○で改善できるんじゃないか?など)に気づいて商談に結び付けられる人が向いていると思います。技術者であれば、やはりしっかりと技術的な素養を持っておられる人です。機械・電気・ソフトの設計が中心になりますのでその分野を勉強された方が向いていると思います。(イシダ)

A4.

お客様との信頼関係を築き、ニーズをしっかりと聞き取ることのできるコミュニケーション力のある人がこの業界の営業には向いています。 設計職においては、ものづくりが好きで、素直な気持ちで学ぶ姿勢のある方ならきっと活躍できると思います。(コスメック)

A4.

機械に関すること、大学で学んだことは必ず役に立ちます。「自分が開発した商品で、世の中の役に立ちたい。」そんな人には、とても向いている業界です。「モノづくり日本」復活させたい人に向いている業界です。機械業界はあなたを待っています。(三浦工業)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ