ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOWTO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援pageTOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 全学キャリア・就職ガイダンス『業界大研究』

商社

パネルディスカッション参加企業 (50音順)

Q1. 貴社の事業内容とわたしたちの生活は、どのように関わっていますか。

A1.

商社の仕事はB to Bが多く、直接学生の方からは目に見える業界ではありませんが、様々な商材を取扱うことにより、皆さんの身近にあるものについて広い分野で関わっています。特に当社は“ものつくりに貢献する商社”を目指している為、自動車産業や電機機器産業等、皆さんが知っている多くの会社と取引をしています。皆さんの使用している車やテレビ・冷蔵庫にも当社社員が取扱った商材が含まれているかもしれません。(岡谷鋼機)

A1.

弊社は、商社ビジネスを展開しており、主にBtoBのビジネスが多い為、皆さんの生活に直接「兼松」の名前が表れることは、ほとんどありません。しかし、皆さんがよく知っているメーカーが、モノを作るのに必要な原料を、我々商社が世界中から、引っ張ってくるのです。実際に、国内で消費される大豆(味噌や豆腐に使われる)の多くは、兼松が輸入してきています。「兼松」の名前は皆さんの耳には入りませんが、日頃口にする豆腐や味噌の5分の1は兼松が輸入してきたものになります。そうした形で、120年以上の歴史の中で培ってきた情報力・交渉力・異文化理解力を生かして、世界中のあらゆるビジネスの種を醸成していくのです。(兼松)

A1.

日本の経済成長と共に発展し形を変え発展している自動車。その中でも当社は、誰もが憧れる高級車、例えば、BMW、アウディ、ランボルギーニなどから誰でも手軽に購入できる中古車まで取り扱っております。普段の生活の中で”クルマ”は不可欠な存在です。その流通を支えているのも当グループの自動車の競り市(オートオークション会場)。中央卸売市場は知っていても、AA会場は知らない方ばかり。けれども月間取扱台数は3万台を超える西日本No.1の規模を有する。身近な”クルマ”でも、知らない事が多い”クルマ”とても奥が深い商材です。(クインオートグループ)

A1.

当社は【塗料】を中心に、皆様の生活に関わっています。
<オートサプライヤー事業>私達の生活に身近な存在である自動車には、【塗料】が塗られ、世の中に彩りを加えています。ただ残念ながら、車には事故がつきものです。事故した車を修理する時、当社が取り扱う【自動車補修用塗料】が使われます。自動車を修理する工場に【塗料】や副資材を販売するのがオートサプライヤーで、サンエースはこの業界で日本一の会社です。
<リファイン事業>パナソニックのリフォームをするショップをリファイン店といいます。リフォームでは、外壁を塗装するのに、【塗料】が使われています。『神戸の街を綺麗にしたい』という想いで行っている事業です。(サンエース)

A1.

三谷商事が扱っている商材は、生活のインフラとして欠かせないものです。BtoBの商社のため、社名が出ることはあまりありませんが、みなさんの周りでも弊社が扱った商材が多数存在します。例えば、日頃利用される商業ビルなどは、弊社が納める建設資材で建設されます。またガソリンで動く原付などを、通学に利用している方も多いでしょう。特筆すべきは、神戸大学のみなさんが利用されているIT環境(とくにApple関連)を納入・構築しているのが三谷商事であることです。商社という枠を超えて、生活を支えるインフラを担っているのが、弊社・三谷商事です。(三谷商事)

Q2. この業界で働くことの魅力はなんですか。仕事の実例を交えてお答えください。

A2.

商社の仕事は営業が中心です。様々な営業方法はありますが、基本的には現地現物現人です。つまりきちんと取引相手と向い合うことで信頼関係を築き、実際に取引のある現場へ駆けつけます。その現場は限りなく広くグローバルに広がっています。そんな中で新しい商売を作っていくことが商社の醍醐味と言えます。また取引の完成形には決まったものはなく、様々な形が考えられる為、そこをコーディネートしていくのも商社の営業の面白さでもあります。(岡谷鋼機)

A2.

モノを持たない商社だからこそ、「ヒト」いわゆる「人間性」が問われます。商社パーソンは「いかに無理な壁を突破するか」ということが至上命題とも言える程、大きなプレッシャーがかけられます。商社が今尚存在している理由として言えるのは、偏に「信頼されているから」です。「あの人に頼めばなんとかしてくれる」「あの人となら多少のリスクを背負ってでも挑戦したい」など、ヒトで戦ってきた商社だからこその存在意義です。それに伴い、強力な人材が育っていく、そんなところが、この業界で働く魅力であると考えます。私自身、この環境に身を置くことで、一人の人間として、大きく成長できると思い、入社を決意しました。(兼松)

A2.

『笑顔』『感謝』『幸せ』月並みで、ごく一般的な表現ですがこれに尽きます。特に、モノを作り出すメーカーとは違い我々は、お客様の潜在ニーズを様々な情報から引き出し満足頂くこと。特に輸入車は家の次に高い買い物です。自動車の性能は広い意味で見れば走る・曲がる・止まる。これが機能すれば多少の違いはありますが同じです。しかし、1000万円もする車両をご購入いただくにはお客様との関係性を構築し車両への信頼のみならず、会社・そこに携わる全てのヒトへの信頼が無ければ実現しません。その先にお客様の『笑顔』という最高のお答えを頂ける。そこが最大の魅力です。(クインオートグループ)

A2.

【人に喜んで頂ける仕事だということです】
まず、お客様にお好みの綺麗な【色】をお届けする仕事だという事。また、塗料は着色するだけでなく、車や家をサビ等から『守る』事もできます。
◆オートサプライヤー事業部では…
No.1企業として『商品』をお届けするだけでなく、【情報】という付加価値をお届けしています。メーカーから塗料の比較を請け負ったり、塗装技術を研修したり、お客様の工場への経営コンサルティングも行っています。お客様と共に発展していきたいと考えています。
◆リファイン事業部では…
リフォームを通じて、お客様に喜んで頂き、ご家族の心の歴史に残れる事です。一生のお付合いをさせて頂いています。(サンエース)

A2.

商社で働く魅力は、取り扱うボリュームや金額が大きい、スケール感です。ただ同時に勘違いしてほしくないのは、机の上で計算や段取りするだけで儲かる商売ではないということです。例えば台風や震災、なにか有事の『困った』時にいかにお客様のお手伝いができるか。時には現地へ車を飛ばして現況確認したり、協力会社へ何社もお願いして納期に間に合わせたり。そうした信頼の積み重ねが蓄積されてスケールの大きな商売へと発展します。『○○さんが必要だ!』と思ってもらうことが一番大事ですね。(三谷商事)

Q3. 業界について、学生に誤解されていると思われることはありますか。

A3.

商社の仕事ということで、世界を舞台にスマートに仕事をしているイメージを持っている方もいますが、実際は泥臭い仕事も結構あります。顧客の要望に答える為に急な海外出張へ行かなければならないこともありますし、また顧客からクレームを受けることもあります。しかしそうした中でも、自分の力で乗り切ることによって成長できると共に、うまく乗り切れた際には新たに顧客からの信頼を得て次の商売に繋がっていくこともあります。(岡谷鋼機)

A3.

過去に「商社不要論」があったように、メーカーが欲しいものを横流しするだけの「仲介会社」というイメージがあると思います。しかし、実際には、そうした「御用聞き」ではなく、「このメーカーにこの原料を入れたら、より良くなる」「世界で今この原料が不足しているから、その代替品を探そう」など、商社が中心となって新しいビジネスを描いていくのです。(兼松)

A3.

自動車と商社は全く別のイメージを持たれることが多い。自動車=サービス業、商社≠サービス業という一つの誤解があると我々は感じています。皆様の中で自動車を扱う商社という概念はないのかもしれません。しかしながら、そのイメージとは裏腹にダイナミックな仕事が多いのも事実です。例えば現在アジア圏にて、日本車の正規ディーラーを展開する事業も初年度の販管費は2億を超えます。もちろんビジネスの醍醐味は金額で決まるものではありませんが、想像以上に大規模で世界的に広がりを持つ業態であります。(クインオートグループ)

A3.

中小企業の専門商社は仕事のフィールドが狭いのでは?と思われていると思います。当社は業界全国No.1ですが、それは『仕入力』は勿論、「お客様の工場を夢工場にする」という『経営コンサルティング』の付加価値によるものです。お客様第一の理念に基づき、提案し、本物の信頼関係で結ばれています。【人間力】の要る、【自己成長】を感じる魅力的な仕事です。また、全国組織トップネットを形成し、業界シェア20%を超えています。(サンエース)

A3.

商社の社員は、いつも終電まで働いているというイメージがあることです。正直に言って、終電まで働いていることは滅多にありません。時短運動やノー残業デーを実施している部署もありますし、平均すると20時ごろには退社しています。また仕事の進め方は個人の裁量に任されていますので、自由がききます。その分、綿密な時間配分をしていかなければと思います。(三谷商事)

Q4. この業界に向いているのは、どんな人だと思われますか。

A4.

商社の業界に向いているのは、良く考えかつ行動できる人だと考えます。商社はメーカーとは違い生産設備を持っていません。生産設備を持たない会社は、人が商売を作っていく必要があります。新しい商売を作っていく為には、考えることはいくらでもあります。どの地域を攻めるか?どの分野に攻めるか?誰と一緒に攻めるか?そしてその考えを実行する為には、周りを巻き込みながら成功へ向けて行動していくことが求められます。(岡谷鋼機)

A4.

自分の人間性で勝負をしたい人だと思います。周りに流されて仕事をこなすのではなく、「自分の力で世の中を変えていきたい」と考えている人にとっては、本気でそれを叶えることのできる環境です。人間性で勝負するからには、かかる負荷も大きいですが、同時に大きく成長できます。そうした気概を持っている人にはうってつけの業界だと思います。(兼松)

A4.

”なぜ?”という疑問を持つ視点。なぜなのか?と気になる事によってお客様の何気ない仕草、言葉。業界動向などヒントとなる情報は普段の生活や会社にたくさん落ちています。それを無駄にするかしないかは自分自身の”なぜ?”という気持ち一つです。単純で誰もが出来そうなことが出来ていない事が多いのが事実です。みなさんが思っている以上にシンプルで基本的なところが重要になってきます。なぜという疑問の視点とシンプルに考えるクセを持つ、もしくは今から準備ができ実行できる方は是非挑戦してみてください。期待しています。(クインオートグループ)

A4.

『人』が好きな人が向いています。オートサプライヤー事業部もリファイン事業部も本物の信頼関係の上に成り立つ仕事です。サンエースの社員には【笑顔が素敵な人】【誠実な人】【一生懸命な人】【想いの強い人】が多いです。お客様とも職場の仲間とも信頼し合って働く時、仕事のやりがいや達成した時の喜びが大きく、感動があります。『人』が好きな人、『人』とのつながりを大切にしている人にぴったりな業界だと思います。(サンエース)

A4.

自分のスケジュール帳が予定で埋まっていく。このことが楽しい、うれしいと感じる方は商社向きです。濃い社会人生活を送ることができる業界ですから、ON/OFFをしっかり作ってスケジューリングをしていくことが求められます。どんどん社内や得意先、協力会社にぶつかっていくバイタリティと度胸がある方は、商社で活躍できると思いますよ。(三谷商事)

『業界大研究』の時間割をみる
他の業界をみる

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ