ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
TOA

地域密着を追及し、世界中の公共空間にTOAの音を

 TOAは「音」と「映像」の技術を融合して、スピーカーや館内放送などの業務用音響機器と防犯カメラやレコーダー等のセキュリティ機器を開発・製造・販売するメーカーです。世界30カ所に販売拠点や工場を持ち、海外展開に注力するTOAに、「グローバル」というテーマでお話を伺いました。
 TOAのグローバル意識は、「日本から世界へ」ではなく、「日本はあくまで世界の一部である」という認識に基づいています。そのため、日本で作った製品を世界に輸出するのではなく、現地でマーケティングし、製造、販売するという“地域密着”がTOAの海外展開のテーマとなっています。
 私自身、「グローバル」のイメージは「日本から世界へ」だったため、TOAのグローバル意識は大変新鮮に感じられました。
 では、なぜ地域密着にこだわるのか。TOAのスローガンに、「安心・信頼・感動のTOA」というものがあります。これは、緊急時や災害時に“安心”を、情報を的確に伝えることで“信頼を”、音楽ホールや球技場などで“感動”といった「価値」を提供する、という意味です。その公共空間に求められる音空間を創り出すことによって、社会貢献も果たしています。
 国や地域ごとに文化や慣習に違いがあるように、求められる音質もスピーカーの外見も地域によって様々です。安心・信頼・感動を提供するには、その地域ごとのニーズを探り、それに応えた音空間の創造が大切です。「その場で求められる音=よりよい音」を提供するために、地域密着というTOAのスタイルがあるのです。
 今後の目標を伺うと、「世界中の公共空間の音をTOAの音にしたい」とおっしゃっていました。そこからは、求める音はそれぞれ違えど、地域密着を追求することで世界中の人々に同じように「安心・信頼・感動」を与えたい、という想いが伝わってきました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL