ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 目標の柔軟な切り替えで気持ちを前向きに

白水 純代 さん
2012年国際文化学部卒業
ショーワグローブ株式会社
管理部 システム企画グループ

ショーワグローブ株式会社についてはコチラ

  学生時代から現在に至るまで、どのような目標を思い描いてきたのか、お話を伺った。その変遷をたどると、与えられた機会をきっかけに柔軟に目標を設定していくことで、前向きな気持ちを保ってきたことがわかる。
 「就職活動中、理想の仕事は“人材開発をすること”だった。」と話す。大学時代、外国人に日本語を教えるボランティア活動をした経験から、人材開発に興味を持ったのだという。ショーワグローブとの出会いは、大学で開催されていた企業説明会。たまたまブースに立ち寄ったことをきっかけにエントリーした。選考を順調にパスしながらも、知名度があまり高くない会社ゆえに不安が大きかった。内定の知らせを受けてから、就職活動を続けるかどうか悩んだという。では、彼女はどうして不安を払拭することができたのだろうか?それは採用担当者と1対1で話し合ったことがきっかけだった。自分の持っていたたくさんの不安や疑問を、すべてぶつけた。「それに対して全て正直に答えてもらえたことで、疑問が解消され、この会社で頑張りたいと思えた。」と話す。会社の実態を知る機会を無駄にしなかったからこそできた決断だった。
 しかし、配属されたのは基幹システムの保守管理やコンピューターシステムの整備などを手がけるグループ。当初やってみたかった人材開発とは直接関わりのない仕事で、ショックだったのでは?その疑問に対しては「驚きはしたが、どこの部署でも頑張りたいと思っていたので、前向きに捉えられた。」という意外な答えが返ってきた。そのような考えに変わったのは、新人社員研修で各部署の説明を聞いた時だった。どの部署も互いに関係していて、会社に必要なことがわかったからだという。ここでも、研修という機会をきっかけに「成長できるチャンスかもしれない」と前向きに気持ちを切り替えることができた。
 それでは現在の目標は、と尋ねると、「まずは業務に必要な基礎知識を身につけ、社内外から信頼される人になりたい。その次は後輩に仕事を教えられるようになりたい。」とのこと。「就職先を決める時、先輩社員が自分の不安に応えてくれたように、後輩の意見や考えを大切にする教え方ができるようになりたい。」そう語る彼女の表情は明るかった。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL