ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 あなたにとって、就職活動とは何ですか?

 12月に入り、就職活動本番という雰囲気になってきました。あなたも、就職活動に費やす時間が増えてきたかもしれませんね。人は忙しくなるほど、視野が狭くなりがちです。
視野が狭くなるということは、ものごとを一面的、刹那的に捉えることだとも言えます。

就職活動におけるおなじみのフレーズ「就活はゴールじゃない」。では、あなたにとって、就活とは何ですか?「何をすれば受かるか?」「何を言えば面接を合格できるか?」という内定を取得するためのノウハウを求める学生は非常に多いですが、就職活動は、“自分なりの生き方”を実現するための方法論にすぎません。

家づくりに例えて考えるならば、「どんな家を建てるか?」よりも「家を通じて、どんな暮らしをしたいか?」それこそが本来、大事にすべきことではないでしょうか。働くことを通じて、どんな自分でありたいのか?どんな社会人になりたいのか?それを実現するために、就職活動ができれば、志望動機や自己PRに悩む時間は圧倒的に減ります。

とはいえ、今時点で、これらを明確に持っている学生は極一部だと感じています。私は2年間で1万人ほどの学生と会ってきたので、夢や理想がないことに悩む学生の多さを実感しています。やりたいことや実現したいことがハッキリしている人は、ぜひ自分の道を突き進んでください。また、まだそれが見つかっていない人は、あまり悲観的にならずに、就職活動を通じて、考えていってください。

今、具体的にやりたいことがない人は、「こうありたい」という自分像を書き出してみてください。もしくは、「こんな社会人にはなりたくない」という特徴を箇条書きで書き出して
みてください。そこには必ず理由があります。その理由を「なぜ?なぜ?なぜ?」と三回
掘り下げて考えれば、自分なりの動機、軸のヒントが見つかるはずです。

私はどちらかというと夢がないタイプの学生でしたが、「ルールでガチガチに縛られるようなサラリーマンにはなりたくない」と思っていました。私には、他人と違った視点で物事を見ているという特徴があり、それを“個性”として褒めてもらえることもありました。
“自分らしさ”というとチープな表現ですが、「自分なりの価値観、フィルターで物事を表現することで、人に喜んでもらいたい」という欲求を持っていました。

結果的に、縁あって学生時代は全く興味がなかった人材業界に身を置いていますが、今思うと、上記のような動機が満たされる環境で働けています。そこには、偶然が何重にも重なっていました。もしかすると、あなたがこの冊子を手にしていることも、偶然の一つかもしれません。この後のページでは、兵庫県で事業を営む地元の優良企業が紹介されていますので、知らない会社の中から、自分が興味を持てる1社を探してもらえると幸いです。

ぜひ、最後まで「地元企業特集」をじっくりと読みこんでみてください。神大の先輩たちが、兵庫の優良企業でどのように活躍しているか?も少し垣間見ることができるかもしれません。もしかすると、そこには分かりやすい華やかさはないかもしれませんが、キラリと光る何かを持つ企業や社員と出会うきっかけが詰まっている可能性があります。

本来、あなたがイキイキ働く上で、知名度の有無や規模の大小はそれほど重要ではないはずです。会社の外見だけでなく、中身を知って、納得のいく就職先を選んでください。

もしかすると、数年後、あなたが「地元企業特集」に載っているかもしれませんね。

エン・ジャパン株式会社
新卒採用支援事業部 就活サポートグループ マネージャー 今村明則

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL