ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
グローリー

 技術力とは人間力だ

 「グローリーにとっての『技術力』とは?」この問いに対する藤田さんの「技術力=人の力です。」という回答は私にとって意外でした。技術力とは研究成果がもたらす「モノ」であると思い込んでいたからです。
 「技術力とは人について回るものです。」と繰り返し語られる藤田さん。しかし、人を育てていく過程では様々な困難に直面するようでした。保守的な考え方や、目先の業務で精いっぱいの現場からはなかなか「次はこういうことがしたい!」という思いが出てこないそうです。藤田さんは開発企画を行う中で、どうしたら社員からそのような思いを引き出せるか、ということを常に考えていらっしゃるようでした。
 開発企画の内容としては、「会社としてのビジョン設定」や「社長巡視」、「外部講師を招いた講演」、「個人面談」などが挙げられました。しかし藤田さんはそれらの活動の内容よりもむしろ、自身が具体的に動いていることを示す、ということを重視されていました。藤田さん自身が動く姿を見て、社員も自らが変わっていく必要性を実感し、実際に行動を起こす。それが、会社をもう一歩成長させることに繋がると考えていらっしゃいました。私の中では上司はただ部下に指示するだけというイメージがあったのですが、藤田さんは本当にグローリーの将来を考え、最前線で具体的に動いておいでで、こういう上司の元で働きたい!と思いました。
 技術を知っていることと、実際にその技術を応用してモノづくりをするということは別問題。技術を最大限に活かして価値を生んでいく為に大事になってくるのは、社員の問題意識であり、宣言したことを最後までやり抜く責任感なのだと実感しました。この、現場で働く人の人間力がグローリーにとっての『技術力』でした。自らの人間力をフル活用して、会社のために尽力される藤田さんの「技術力=人の力です。」という言葉に、私は一層の深みと、グローリーへの期待を感じました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL