ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

第2回文学部就職ガイダンス
  『2時間で分かる 仕事情報の読み方活かし方』

【主に学部3回生・修士1回生対象】

 就職活動は自己と仕事のマッチング。しかし、マッチングを試みる際に、情報の扱いに苦労している人が非常に多くいます。
 今回のガイダンスでは、この意外に分からない「就職活動の罠」に嵌まらないためのポイントを、しっかり解説します。効率よく就活をするための、必聴の講座です!

【講師】  土山 勇 氏 
(株式会社マイナビ マイナビ副編集長) 

【「職業選択の軸」を明確にする】 
 「就職活動」とは何でしょう? 「自己PR」や「志望動機」を作成することが就職活動でしょうか? 本来、自分にあった仕事を見つけ出すのが「就職活動」。情報を集めるにはまず、自分が何を基準に職業を選ぶのか、それを明確にする必要があります。

【「紛らわしい用語」をそのままにしない】
 就職活動を進めると、「業種」「職種」など、似ている用語が多く出てきます。これらの用語が何を意味するのか、正しく説明することはできますか? 用語が意味するカテゴリーについてきちんと理解しないと、情報を正しく活用することはできません。

【莫大な情報から「必要なものを読み取るワザ」】
 就活サイトや企業のホームページに限らず、ニュース、新聞、業界雑誌……。知ろうと思えば、身の周りには、就職活動に関わる莫大な情報が存在します。しかし、それら全てを網羅することは出来ませんし、仮に調べたとしても、本当に自分が知りたいものとも限りません。大量な情報に翻弄されないよう、それぞれのツールから読み取ることができる情報を正しく理解して、必要なものを読み取るワザを身につけましょう。

【「自己と仕事のマッチング」に必要なもの】
 自分が求める情報の読み取り方がわかったところで、それらをきちんと自分の就活に活かせなければ意味がありません。集めた情報と自分の軸。これらを照らし合わせて選択することをマッチングと呼びます。能力、価値観、興味……自分が軸として重視する傾向を知りましょう。それがはっきりすれば自分が求める情報が明確になり、より効果的な情報収集ができるようになります。

【ES・面接で失敗しない「情報収集の質」】
 集め整理した情報を自分の言葉にするのがESや面接の場面。上手く伝える技術はもちろん大事ですが、伝える内容があるかどうかは、この情報収集の質にかかっています。ESや面接で失敗しないための情報の集め方を、今のうちに磨いていきましょう。

ポスターはコチラ (ダウンロード pdfファイル/ KB)
  第2回文学部就職ガイダンス
日程 10月10日(水)
時間 15:00〜17:00
場所 文学部B棟233教室
主催 文学部学生委員会

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL