ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 やりたい事を見つけるために

 「本当にやりたいことがなにか分からないんですけど」
 「どうすれば、やりたいことが見つかりますか?」
 就職活動スタート時期に、学生の皆さんからもっとも寄せられる質問の1つです。
 私自身も自分の就職活動を振り返ってみると、活動当初は、皆さんと同じように「やりたいことが見つかっていない」状況でした。業種も職種も、企業も仕事も、ほとんど知らなかったですし、ましてやその中から「何がやりたい?」と聞かれてもイメージすらわきませんでした。(私の場合は更に両親が自営業だったこともあり、「スーツを着て、ネクタイを締めて会社に出社する」といった、いわゆる「サラリーマン」の働き方すら全くイメージがついていませんでした。)

 そんな私ですが、その後、社会人となり縁あって「就職」に関わる仕事に約10年間携わってきましたので、今の自分から当時の自分にメッセージするつもりで書かさせて頂きます。

●選ぶためには、一定量の情報収集が必要!
 やりたいことを見つけるためには、当たり前ですが「やりたいか/やりたくないか」の判断基準が必要です。では、その判断基準はどうやって身に付けるかで言いますと、たくさんの企業情報を研究し比較検討する中でしか身につかないのでは、と思っています。
 海外旅行に行ったことが一度もないのに「海外旅行で一番のオススメの国は?」と聞かれても困ってしまうのと同じことです。

●働く場所として企業を、先輩社員を見る・研究する!
 3年生・修士1年生の皆さんであれば、今から約1年3ヵ月後、皆さんは社会人となり、就職した会社に毎日出勤し、毎日仕事をし、毎日価値を提供する生活が始まります。就職活動は、自分の働く1社を決断する活動に他なりません。
 情報収集といっても、興味・関心に任せて話を聞くのではなく、「人事の方の説明を聞きながら、その会社で働いている自分を想像してみる」・「自分の上司と思って、先輩社員の話を聞いてみる」などのように、目的意識をもって取り組んでみてください。

●多くの人のアドバイスを聞き、でも最後に決めるのは自分!
 たとえ第一志望の企業に内定をもらえたとしても、社会人になれば、仕事でうまくいかないこともたくさんあります。そんな時、「いろんな選択肢がある中で、自分はこの企業で働くことを決断した」という強い想いが、様々な壁を乗り越える原動力になると思っています。ですので、「最後に決めるのは自分」と肝に銘じて活動をして欲しいと思います。


 今回、12月に地元企業にご参加頂く「合同企業説明会」が開催されます。神戸大学の卒業生も活躍する兵庫県下の企業の方々が多数ご参加されます。将来「地元で働く」という選択肢がある方はもちろんですが、「やりたいことが見つからない」と悩んでいる方は、この機会に「一歩目」を踏み出してみてください。

 就職活動は、単に自分が働く企業を選ぶというだけでなく、様々な企業・社会人との出会いを通じて、自らの生き方・キャリアを自覚的にデザインすることだと思っています。皆さんのもっとも身近な地域である兵庫県の、皆さんの先輩方が活躍している企業との出会いの中で、改めて自分と向き合う機会として活用して頂きたいと思います。

株式会社リクルート 「リクナビ2013」副編集長 菅野 智文

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL