ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
大真空

 世界に求められる電子部品

【市場を掴んだ海外展開】

 「自社製品をどうアピールするかといいますと、最先端の物が求められる市場に対して、当社の技術と製品で何ができるかという観点で特徴を打ち出しています」。「電子部品を作る会社」と聞いて、“機械を組み立てるメーカーから注文された部品を作る”という仕事を想像していた私にとって、それは意外な言葉だった。

 株式会社大真空が作っているのは水晶デバイスという電子部品。海外に多くの拠点を持ち、世界の電子機器産業を相手にグローバルなビジネスを展開する大真空には、自信を持って世界に通用すると言える技術力と、いち早く世の流れに対応しようという姿勢がある。
いま最も重要視しているのは、通信機器が普及し、電子部品の需要が高まっているアジア。生産拠点5ヵ所、販売拠点7ヵ所をアジア圏に備え、今もグループ工場の整備が進められている大真空はアジア展開の強化を常に考えており、動きの早い市場を逃さないための努力を続けている。近年は海外メーカーも増え競争が激しくなっているが、より小型でかつ高性能なものを実現できる技術を武器に、海外売上を順調に伸ばしているそうだ。

 注文を待つのではなく、市場やニーズを考え、自慢の技術や製品を求めてもらえるように動く。競争が激化していく世界の市場で他社と競って、その中で利益を上げるには、そういう姿勢が必要なんだということが、この取材に行ったことで感じられた。

【広がるニーズと可能性】

 水晶デバイスは「電子機器の心臓」と呼ばれ、携帯電話やスマートフォン、パソコン、時計、ゲーム機、デジカメ、自動車に至るまで、身の回りの電子機器にこの部品を欠かすことはできない。
「生活が便利になればなるほど、水晶のニーズは広がっていきます」と自信を持って話す広報担当の大西さん。水晶デバイスの可能性と、大真空の今後の活躍に期待させられる言葉だった。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL