ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 1・2年生秋のキャリアガイダンス パネルディスカッション参加OBからのメッセージ

◆ 『大学での学び』と『就職』−実際の就職活動を通じて感じたこと ◆

I・M さん

国際文化学部4年生

 私が就職活動を通して感じたことは、大学で「何をしていたか」は大切なのはもちろんのこと、「どのように考え、取り組んでいたのか」「それを通じて何を得たのか」ということが自分をアピールするうえで重要ということだ。「○○をしていました」ということは誰にだってできる。本気で取り組んでいようといまいと。私個人の意見では、大学での学びは、“これを学んでいたら就職に有利だ”とかは理系などの技術職を除いてほぼないと思っている。社会人になってからのほうが働くということに関しては学ぶことが多々あるはずだ。その際に熱心に取り組む姿勢や熱意があるのか?私が企業の立場ならそちらの方を見る。だから勉学や部活など、内容はどのようなものでも自分ができる精一杯の力で取り組むことが自分自身の成長につながるのに加え、入りたい企業に入るうえでもいきてくると感じる。偉そうに言える立場ではないが、以上が私が就職活動で感じたことだ。

川ア 正貴 さん

経済学部4年生

 

谷口 和美 さん

農学研究科2年生

【取り組み方を意識することが大切】
 大学生活で最も悩んだのが研究室の選択でした。企業に少しでも関係のありそうな研究室にすべきか、興味のある希少動物の保全に関する研究室に入るかということです。最終的には後者を選んだのですが、企業にあまり関係がないため不利になるのではないかと就活前は不安に感じることもありました。しかし、実際に就活を通じて感じたのは、内容以上に取り組み方が重要なのではないかということです。面接で研究について話す際、面接官と深く話したのは、研究を行っていく上での熱意や工夫(共同研究者との話し合いの場を積極的に設けたり、複数の事を並行して行うために1時間単位で計画を立て行動したことなど)でした。学生生活では熱中できることがたくさんあると思います。その中でしっかりと目的を持ち、結果をプラスにもっていくために自らができる最大限の行動を考えて動くこと。それが大切な学びだと感じた就活でした。

南口 真成 さん

理学部4年生

 就職活動を始めてみて実際に感じたことは、研究職などを除いては、学部の垣根はまったくないということです。
 現に、私は理系ですが金融業界に就職が決まりました。就職活動で大切なのは、「学生時代に何をやってきたかという事実より、そのことを通して何を学んだか」という軸を作ることです。
勉強やクラブ活動やアルバイトなど大学生活では、何をするか、何を勉強するかは自由に決めることが出来ます。だからこそ、「自分は何をしたいのか」「何を考えて今やっていることにとりくむのか」をしっかり考えて日々を過ごしてください。何かすごいことや特別なことを成し遂げた人材を企業が求めているわけではありません。私は、サークルとバイトに勤しむどこにでもいる普通の大学生でした。しかし、こうした経験すべてが私の「大学生活の学び」となり就職活動やその後の人生に繋がっていくと思います。これからの貴重な大学生活、是非有意義に過ごしてください。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL