ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

第3回文学部就職ガイダンス
  『先輩に聞く!エントリーシートの書き方』

【主に学部3回生・修士1回生対象】

 神戸大学生の皆さん、こんにちは。

 11月16日に行われる第3回文学部就職ガイダンス、「先輩に聞く!エントリーシートの書き方」で講師を務めます、マイナビの間瀬と申します。今回も講座のポイントを一足先にお届けしましょう。

【エントリーシート(ES)って何だ?】 
 ESとは、ひと言で言えば「あなた自身」です。企業に対し「私はこのような人間である」ということを文章(絵や写真もあり得ますが)で表現することが求められます。まずは、この大原則をしっかり把握しておきましょう。

【見た目は?】 
 貴方自身である以上、丁寧に美しく書くべきです。字が下手であることと、雑であることは違います。面接同様、ESも第一印象を疎かにしてはいけません。書き飛ばしたような文字や、汚れがついたようなシートでは、内容を読み込む前に落選の判断をされても文句は言えません。

【内容は?】 
 求められることは、大きく分けて「自己PR」と「志望動機」の2つです。様々な質問の形がありますが、ほぼこのテーマに集約されると考えて良いでしょう。以下、簡単にそれぞれのポイントについて解説しておきます。

○自己PR: 自分の特徴をポジティブに語りましょう。
 「PR」という言葉に囚われ過ぎて、過度に自分を飾り立てては逆効果です。また、企業受けしそうなキーワードに、無理矢理自分を当て嵌めることも大きな間違いです。
 自分を構成する要素の中で最も自信が持てること、最も提出先の企業にフィットしそうなことを、誤解なく伝える努力が大事です。

○志望動機: 自分の特徴が、提出先の企業でいかに役に立てられるかという視点を持ちましょう。
 企業が求めていることは、「どれだけ自社が好きなのか」という主張ではありません。「貴方を採用することが、自社と貴方、双方の幸せに繋がりそうか」という視点で評価します。
 そのためには、その企業と自分をしっかり把握することが重要になります。

次回の講座では、このポイントを具体的に解説する予定です。では講座でお会いしましょう。

【講師】  間瀬 清吾 氏  

  エントリーシート対策講座 plus 面接対策講座

エントリーシート作成のポイントをグループディスカッション形式で学べます。
各グループに内定者が一人づつついてくれるので、体験談など聞くこともできます!
 【講師】  間瀬 清吾 氏
        大阪大学非常勤講師

毎日コミュニケーションズ 就職情報事業本部 大阪支社 キャリアサポート課(CDA)

ポスターはコチラ (ダウンロード pdfファイル/1166KB)
  第3回文学部就職ガイダンス
日程 11月16日(水)
時間 15:00〜17:00
場所 文学部331教室
主催 文学部学生委員会

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL