ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

第2回文学部就職ガイダンス
 『人事のプロと内定者が教える、企業情報の見抜き方』

 神戸大学生の皆さん、こんにちは。
 10月19日に行われるキャリア講座、「人事のプロと内定者が教える、企業情報の見抜き方」で講師を務めます、マイナビの間瀬と申します。就職活動の準備はお進みですか? 今回は講座のポイントを一足先にお届けします。

【就職活動の最重要ポイント】
  今年の就職活動において最も重要なこと、それは「仕事情報の収集」です。
 ここで言う「仕事情報」とは、売上高や採用対象、人数などの採用情報という意味ではありません。
仕事の面白さや辛さ、ビジネスパーソンに必要な教養や知識、業界に対する広い視野など、仕事に纏わる周辺情報という意味で捉えて戴きたいのです。

【なぜ「仕事情報」が重要なのか】
 例えば、同じ情報を手にしたときに、社会人が考えることと学生が考えることの間には差があります。これは保有している「仕事情報」の差から生じるものです。
 実は、この差を少しでも埋める努力が就職活動には必要なのです。
 社会人視点に近い学生が内定を多く集めるのは、「仕込んで鍛え上げる」時間が短ければ短い程、企業の戦力が高まるわけですから当然ですね。

【今年以降の仕事情報収集】
 では、どのようにすれば、仕事情報を集めることができるのでしょうか?
 最も効果的なのは会社説明会への参加でしょう。企業担当者と直接コンタクトできる機会ですので、たいへん貴重です。しかし、所謂「倫理憲章」の改訂によって、その機会が昨年に比べて約2ヶ月分減少してしまいました。

【皆さんの対応】
 このような環境の中で皆さんが取るべき対応は2つです。
 1つは「収集機会を逃さないこと」、
 もう1つは「収集機会を最大活用すること」です。
 学内外を問わず、あらゆる接触機会を確保する努力をしましょう。また、その機会が少ない分、獲得した情報を活用する力を付けることも大事です。
 限られた機会を無駄にしないように、まず情報収集力と分析力をアップさせることを心がけましょう。

次回の講座では、このポイントを実感して戴く予定です。では講座でお会いしましょう。

【講師】  間瀬 清吾 氏  

第1部 キャリアカウンセラーによる講演とグループワーク

〔講演・グループワーク〕

 【講師】  間瀬 清吾 氏
        大阪大学非常勤講師

毎日コミュニケーションズ 就職情報事業本部 大阪支社 キャリアサポート課(CDA)

第2部 企業人事採用担当者と内定者によるパネルディスカッション 

〔パネルディスカッション〕

     【参加企業】   SMBC日興證券豊島三谷商事村田機械

(50音順)

参加企業からのメッセージは>>>コチラ    

ポスターはコチラ (ダウンロード pdfファイル/663KB)
  第2回文学部就職ガイダンス
日程 10月19日(水)
時間 15:00〜17:00
場所 文学部331教室
主催 文学部学生委員会

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL