ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

第4・5・6・7回全学就職ガイダンス パネルディスカッション参加OG・OBからのメッセージ

【10月14日 SE編】

様々な業務知識を得ることができるのが、IT系職種の魅力。

近藤 晃弘 さん
 
 2001年 自然科学研究科・化学専攻 修了

TIS株式会社
産業・公共第1事業本部 西日本第1事業部 
西日本システム第2部 主任

●現在の業務内容について教えてください。

製造業向けシステム開発のプロジェクトチームの管理及び設計・開発

●IT系職種の「魅力」とは?

IT系の職種は、PJ単位で様々な業務システムを開発することになるため、様々な業務知識を得ることが可能です。例えば、商社のシステムを担当した際に簡単な会計の知識を得ることができました。

●IT系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

上記の魅力を得るために、IT系の勉強以外に、業務知識を習得するための勉強も必要となります。
お客様と話す中で得られる知識もありますが、ベースとなる知識は、本などを利用して自分で習得する必要があるため、初体験の業務などは、その勉強に苦労することもあります。  

●IT系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

将来的には、海外でも活躍できるSEになりたいと考えています。現在、製造業では、海外に生産拠点を移す企業がほとんどで、現地でのシステム開発のニーズが近い将来あると考えています。

●IT系職種に向いていると思う人物像とは?

色々なことに興味を持てる人。 根気のある人。物造りが好きな人。

【10月14日 SE編】

SEに求められるもの−現状を所与のものとせず何故を問う力、人を巻き込み物事を進める力。

船津 正範 さん
  2003年 経済学部 経済学科 卒業

株式会社オースビー
ビジネスエンジニアリング本部

●現在の業務内容について教えてください。

大手化学メーカーにおける、顧客ニーズを実現した出荷・請求業務の実現。

●IT系職種の「魅力」とは?

お客様の組織に入り、会社を支えている業務を“つくる”ことに携われるのが魅力です。お客様が求めておられるのは、単なる業務のIT化ではなく、組織の中で業務を作りそれを実行していくことです。お客様と一緒になって“実現したいことが実現する業務”を考え、それを実行していく過程に難しさと達成感を感じます。

●IT系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

難しいとは感じますが、苦労だとは思っていません。様々な人が関わる業務を考えていく中で、経営陣含め誰も答えを持っていない“その会社にとってのあるべき”を摸索するのは難しいことです。しかし、関係者の方との日々のやり取りを通して、私たちの仕事がお客様の「会社をつくる」という価値に繋がると確信しています。

●IT系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

情報システムを扱う業界はこれまで、既存の業務をIT化する役目を担ってきましたが、本来は「ITを用いて組織による生産の仕組み、更には組織のあり方自体を変革する事」が出来ると思います。従って、業務だけをクローズアップするのではなく、今後はそれを行う人・組織も含めた企業組織全体を動かす事が求められると捉えています。

●IT系職種に向いていると思う人物像とは?

事業内容や社員に求める事は会社により様々で、IT系職種という括りでは向き不向きはないように感じます。弊社のビジネスエンジニアリング事業では、多くの人と関わり現状を把握する事、全社的視点で現状を変える事が重要です。そこでは、現状を所与のものとせず何故を問う力、人を巻き込み物事を進める力が求められます。

【10月14日 SE編】

SEとは…システムのその先の、『人』を相手にした仕事。

山本 靖之 さん
 2003年 工学部・情報知能工学科 卒業

株式会社オービック
大阪本社産業ソリューション統括部
第1ソリューションシステム部 課長代理

●現在の業務内容について教えてください。

自社パッケージソフトの提案、設計、導入、運用保守

●IT系職種の「魅力」とは?

自分が考えて提案・設計したシステムを導入しお客様に満足頂いた時に、一番大きな喜びを感じます。直接お客様に接する機会が多く、時には厳しい評価を頂くこともありますが、導入したシステムについて、生のご意見を頂くことができることに魅力を感じます。

●IT系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

システムを構築する仕事ではありますが、その先の人を相手にした仕事になります。様々なお客様を相手にする中で、自分の考えを理解いただけなかったり、逆にお客様の考えを理解できない場合には思うように仕事が進まず苦労します。 

●IT系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

これからも様々な技術が出てきますが、新しい言葉に振り回されることなく、お客様のニーズをしっかりと見極める能力が重要であると考えます。

●IT系職種に向いていると思う人物像とは?

何事にも素直に取り組むことができる人。
経験と、年を重ねても日々勉強を怠ることなく、向上心を持ち続けられる人。

【10月14日 SE編】

論理的に物事を考えることも、人の気持ちに共感・理解することも、SEには必要。

吉本 淳 さん
 
2006年 自然科学研究科・地球惑星科学専攻 修了

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
関西支社 公共システム部 システムエンジニア

●現在の業務内容について教えてください。

当社環境行政ソリューションの1つである、廃棄物情報管理システム「CLENALIFE」の構築・導入

●IT系職種の「魅力」とは?

ものづくりという側面と、人とのコミュニケーションという側面の両方を備えた仕事であることが魅力の1つです。お客様とたくさん会話をしてシステムを一緒に考え、そのシステムを自分の手で作り上げました。さらにそれがお客様の役に立っていることは大きな喜びでした。

●IT系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

お客様とコミュニケーションをとってシステムを作るため、お客様の思いをシステムという形にする必要があります。しかし、お客様の思いを漏れなくズレることなく受け取ることは非常に難しい作業であり、苦労する点です。

●IT系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

今の世の中にはまだないシステムを考えて、作って、「こんなシステムがあってよかった。」とお客様が思ってもらえる。そんな仕事をしたいと思います。

●IT系職種に向いていると思う人物像とは?

論理的に物事を考えることが得意な人は、システムを作る時に力を発揮できると思います。また、人の気持ちに共感したり、理解することが得意な人は、作りたいシステムをお客様と考えるときに力を発揮できると思います。

【10月19日 研究開発編】

世の中をあっと言わせる新しい技術を作り上げたい。

隣 嘉津彦 さん
  1998年 理学部・物理学科 卒業

株式会社アルバック

半導体電子技術研究所 係長

●現在の業務内容について教えてください。

半導体デバイスの製造装置の装置開発とプロセス開発を行っています。

●研究開発系職種の「魅力」とは?

企業における研究開発は、最終的には新たな魅力ある商品を作りあげることが目的ですが、未知の技術を知っていく過程、自ら世の中にない技術を作り上げていく過程、その技術が世の中に認められていく過程と、その途中には様々な喜びがあり、それらすべてが研究開発職の魅力だと思います。

●研究開発系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

純粋な技術的な壁にぶつかってもがく苦労もありますが、それより、限られた時間、人員、予算の中で、どうやって効率的に開発を進めていくかという"やりくり"がたいへんです。

●研究開発系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

環境問題やエネルギー問題に貢献できる、世の中をあっと言わせる新しい技術を作り上げたいと思います。

●研究開発系職種に向いていると思う人物像とは?

研究開発は試行錯誤の連続です。トラブル・困難にめげず、目的地まで辿り着ける人が向いていると思います。また、開発を進めるにあたっては、開発の意義、予算や人員の獲得といった人を説得していくプロセスも重要ですので、コミュニケーション能力も必要です。

【10月19日 研究開発編】

達成感を味わえるまでのプロセスは苦しい…しかしそれを乗り越えた時の喜びは格別。

外村 卓也 さん
 1999年 自然科学研究科・応用化学専攻 修了

バンドー化学株式会社

R&Dセンター 新事業推進部 主事

●現在の業務内容について教えてください。

環境・省エネ・クリーンをキーワードとした新規事業の創出を目的とし、新規材料開発に取り組んでいます。具体的には、印刷によってエレクトロニクス製品を作る技術、プリンテッドエレクトロニクに適した導体インクの開発を行なっています。

●研究開発系職種の「魅力」とは?

自分が携わった製品がお客様の手元にわたったときに大きな達成感を感じます。また新製品開発とは、これまで無かったもの、できなかったことにチャレンジすることでもあり、それらを達成したときの喜びを味わえることこそが研究開発職の魅力であると思います。

●研究開発系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

達成感を味わえるまでのプロセスでは苦労することが多いと思います。特に、行なっている取り組みが正しいかどうかわからない中で進めていく過程や、常に次の方策を準備しておかなければならないことは、精神的に苦しく感じることもあります。しかしながら、それを乗り越えた時の喜びは格別だと思います。

●研究開発系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

短期的な目標は現在取り組んでいる製品を量産化させることですが、中長期的には開発した製品群をもとに事業化へ結び付けていくことが願いであり、目標でもあります。そのためには、着実に一つ一つの製品を世に出していくことが必要であり、日々課題に取り組んでいきたいと思います。

●研究開発系職種に向いていると思う人物像とは?

現在無いものにチャレンジしていくことが求められますので、チャレンジ精神旺盛な方や失敗しても前向きに考えられる思考をもった方が適しているのではないかと思います。また、至る所でいろいろな人の協力を得る場面に遭遇しますので協調性も必要だと思います。

【10月19日 研究開発編】

求められるのは…自らの専門性を深めつつ、関係分野の知識を『貪欲』に吸収していける人物。

加藤 芳寛 さん
 2001年 自然科学研究科・応用化学専攻 修了

協和発酵バイオ株式会社

山口事業所 生産技術研究所 研究員

●現在の業務内容について教えてください。

アミノ酸・核酸・糖鎖に代表される発酵生産物の量産体制を確立する生産技術研究の内、発酵液から目的物質を分離精製するプロセスにおいて、ろ過・晶析・乾燥などの単位操作最適化研究を行っています。また、精製プロセスで発生する廃液を効率よく処理する環境プロセス研究を行っています。

●研究開発系職種の「魅力」とは?

各単位操作の最適化を行っただけでは、生産プラントは建設できません。機械・電気・システムなどの要素が絡むため、様々な分野のエンジニアと連携し知恵を出し合ってプラントの基本設計を作り上げていきます。具現化されたプラントが想定した通りの能力で稼働した時にチームで分かち合う喜びは格別です。

●研究開発系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

生産技術研究の最終目標は製品の量産体制確立であるため、プラントの基本設計に関与する役割も担います。基本設計は、コストダウン・省人化・安全・環境影響を考慮して行われます。自身が得意とする専門分野を深く掘り下げてプロセスに反映させていく一方で、法規等を含めた周辺知識のレベルアップに苦労しています。

●研究開発系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

発酵生産物を対象とした精製工程における各単位操作において、スケールの違いから発生する「場」の違いを正確に捉え、スケールアップ時の精度を世界最高水準で出せる技術者になることを目標にしています。また、エネルギーおよび資源を可能な限り回収する精製・環境プロセス構築を目指して仕事に取り組みたいと思います。

●研究開発系職種に向いていると思う人物像とは?

生産技術研究の仕事を考えると、自らの専門性を深めつつ、関係分野の知識を貪欲に吸収していける人物が求められると思います。また近年、海外の生産拠点を持つ企業が増えていることから、現地スタッフと協調し良好な関係を築くためのコミュニケーションが取れることも生産技術研究者に要求されると思います。

【10月19日 研究開発編】

「自分の考えたものが形になる」という開発の醍醐味を感じること−これが魅力。

籠谷 直明 さん
 2006年 自然科学研究科・電気電子工学専攻 修了

グローリー株式会社

コアテクノロジー開発部  紙幣識別2グループ

●現在の業務内容について教えてください。

海外向け紙幣識別機のハードウェア開発設計

●研究開発系職種の「魅力」とは?

初めて一枚の基板設計を任されたときのこと。ハード構成を考え、実装する部品を選定し、それら部品の仕様書を細部まで読み込み、さらには過去の回路図も参考にし、四苦八苦して設計した基板が、改造なく仕様通りに動作しました。この経験を通じて、自分の考えたものが形になるという開発の醍醐味を感じることができました。

●研究開発系職種の「苦労」とはどんなものでしょうか。

時々刻々と変わる市場のトレンドを製品に反映させていくこと。新機種であれば、開発には最低1年はかかるため、製品が出来上がる頃には、開発当初の仕様では市場のニーズを捉えることができなくなってしまうことがあります。そのため、開発当初からフレキシブルなハード構成にすることが求められます。

●研究開発系職種の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

今は既存の製品の機能アップ版、コストダウン版などの開発に携わっています。いずれは、最新鋭のハードウェアを搭載した自社初または業界初の製品開発に携わりたいです。これまでの製品開発の生みの苦しみとは次元の違う、「生みの苦しみ」を味わった後の達成感を得てみたいです。

●研究開発系職種に向いていると思う人物像とは?

なんでもできる人。技術だけあればいい!というのはアマチュアの設計者です。プロの設計者である以上、一人で設計するのではなく、複数人で一つの製品を設計するため、コミュニケーション能力が必要不可欠です。また時には海外のユーザーと直接技術内容のやりとりを行うこともあるので、語学力も必要です。

【10月21日 営業編】

目標は、「会社のネームバリューではなく、自分のネームバリューで仕事ができる人間」

中井 和寛 さん
  2004年 経済学部・経済学科 卒業 

株式会社ジェーシービー 

鞄本カードネットワーク(別会社出向) 主任

●現在の業務内容について教えてください。

クレジットシステムインフラのセールス営業

●営業職の「魅力」とは?

・大きな数字を残したときの達成感(結果の良し悪しが明確)
・自分一人ではなく、お客様等と一緒に何か形を残せたときの満足感

●営業職の「苦労」とはどんなものでしょうか。

・お客様あっての仕事であり、自分一人で完結できないところ(厳しいご意見をいただくお客様もたくさんいらっしゃいます)
・結局は数字を求められる職種なので、努力や行動が報われないことも多々あります。

●営業職の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

会社のネームバリューではなく、自分のネームバリューで仕事ができる人間。

●営業職に向いていると思う人物像とは?

コミュニケーション能力に長けている人。

【10月21日 営業編】

営業職に向いているのは、「人が好き−どんな人にもプラスの興味を持てる」人。

山本 朋世 さん
  2005年 法学部法律学科 卒業 

日本電産株式会社 

海外事業管理部

●現在の業務内容について教えてください。

海外買収案件のPMI(買収後組織再編)を担当
昨年まで、アメリカ駐在1年を含め4年間海外営業部に所属

●営業職の「魅力」とは?

当社のターゲット客先のうち、最も売上が芳しくなかった会社の新規案件について、諦めムードが漂っていた開発と工場を説得して最終的に受注し、その会社の月間売上を倍以上にしたとき。量産までありとあらゆるトラブルがありましたが、今でも手元に製品のサンプルを置いて、沢山の人の協力を思い出し、励みにしています。

●営業職の「苦労」とはどんなものでしょうか。

お客様の要求に応えるべく、徹夜で設計やサンプル試作を続けてくれる開発や、昼夜制で生産を続ける工場を前に、さらにお客様の高い要求を伝えるのは、どちらに対しても心苦しいものがあります。

●営業職の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

これからの営業は、既存のモノやサービスを売るだけでなく、マーケット全体を俯瞰して経営資源としての自己の営業力を最適に配分していく必要があります。ただ同時にあくまで人と人とのコミュニケーションを重視することが営業の難しさでもあり、醍醐味でもあると思います。

●営業職に向いていると思う人物像とは?

人が好きであること。
 一人で全て成し遂げられる人はいません。お客様、自社の他部門のメンバー、協力会社、どんな人にも偏見を持たず、まずプラスの興味を持てる人が、向いていると思います。

【10月21日 営業編】

自らの知識や経験をもとに、継続して利益を生み出す仕組みを考える−これが営業。

井田 浩一  さん
  2007年 経営学部 卒業

阪和興業株式会社

線材特殊鋼第一課

●現在の業務内容について教えてください。

国内外向け特殊鋼の販売。

●営業職の「魅力」とは?

営業職である以上、最も達成感が得られるのは大きな利益が得られたとき。ただし、ぼったくるわけではなく販売先、仕入先、自社が全て利益を享受できないと長続きしない。自らの知識や経験をもとに、継続して利益を生み出すことができる仕組みを考えて、それを実行できれば最高の達成感を得られる。

●営業職の「苦労」とはどんなものでしょうか。

販売先と仕入先の利害が一致しない場合が多い。買う側の要望を単純に伝えるだけではまずうまくいかない。新しい仕組みや、お互いが納得できる妥結点を見つけることも仕事の内だが、目に見えない力関係もあり、これがなかなか難しい。

●営業職の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

普段の営業活動において、国際的な動きがより重要になっていると日々感じるので、アジアをはじめとした世界に視野を広げて活動したい。それによって得た知識で、新しい商売のスキームを構築し、永続的な取引を目指していきたい。

●営業職に向いていると思う人物像とは?

物事の理屈をしっかり理解して、その知識をもとに自分の考えをきっちり説明し、相手に伝えることができる人物。

【10月21日 営業編】

オンオフを上手く使い分け、「よく学び、よく遊ぶ」ができる人物、これにつきる。

原 慎治  さん
  2001年 経済学部 卒業

レンゴー株式会社

紙器軟包装部門 営業本部 東部営業部 営業第二課 主任

●現在の業務内容について教えてください。

食品・電気メーカーをメインに約10社のお客様を担当。商品を包装する包装資材(コンシューマーパッケージ)の設計・企画・デザイン・材料・コストなどの提案、及びご注文を頂いた包装資材の、製造から納品に至るまでの過程の管理。

●営業職の「魅力」とは?

ご注文を頂くには、大抵の場合、他社メーカーとのコンペで勝利することが必須となります。先方のニーズを的確に捉える為に、お客様との会話を大事にし、問題解決に向け的確で、効果的な提案を考えるのが営業です。場合によっては社内の各部署と連携プレイで提案し、受注に至った時に、営業としてのやりがいを感じます。

●営業職の「苦労」とはどんなものでしょうか。

売上・受注数量・利益などにおいて、予算を達成する。それが、会社が営業職に与える使命です。半期毎に定められる予算。どのような戦略・戦術で日々の業務に取り組むべきかを考え、また同時に、日々変化していく外部環境にも柔軟に対応し、常にスケジュール管理を行い、予算達成に向け営業活動を行うこと。

●営業職の「未来」―これからなりたい自分の姿・達成したい仕事などを教えてください。

どのような環境・状況下でも、常にコンスタントに結果を残せるようになることが、今の自分にとっての課題です。そのためにも、より一層お客様との信頼関係を強め、頼られる営業マンになることです。

●営業職に向いていると思う人物像とは?

営業にとって、最も大事な事は、お客様との信頼関係を、いかに構築していくかです。同じ商品を買うのであれば、信頼できる人間から購入したいのは当然。また、お客様も人間。つまらないより面白い営業マンの方が良い。オンオフを上手く使い分け、「よく学び、よく遊ぶ」ができる人物、これにつきると思います。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見ください。 MAIL