ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

読売新聞大阪本社の事業内容は ⇒http://saiyou.yomiuri.co.jp/

申込受付終了 8/18(木) 9:00

9月22日(木) 10:50〜16:10 ※定員 60名

10:50 読売新聞大阪本社新ビル地下1階「ギャラリーよみうり」
(大阪市北区野崎町5-9、大阪、梅田の各駅から徒歩20分程度)

※スケジュールは変更になる場合があります
11:00〜11:30 オリエンテーション

11:45〜13:00

社内見学

13:00〜14:00

各自昼食

14:00〜14:50

マスコミ業界の紹介(質疑応答含む)

15:00〜16:00 OB懇談会

16:00〜16:10

アンケートなど

編集作業をはじめ制作、印刷、発送まで、新聞ができるまでの各工程を見学。編集局では記者たちの働く姿を間近にみることができます。地下の輪転機が稼動する様子も迫力があります。参加者全員に記念品と見学号外をプレゼントします。


神戸大生に記者職のやりがいを語る
若手記者と神戸大生たち
(2008年の見学会から)

神戸大出身の若手記者が仕事のやりがいについて語ります。
参加者との意見交換、質疑応答の時間もたっぷり用意。
きっとジャーナリストの魅力をわかってもらえると思います。

マスコミ業界の現状や将来の展望などについてわかりやすく解説します。
みなさんからの質問にも応じます。


競い、励まし、ともに成長する同期2人
(支局で)
Q.

新聞といえば,自分の家でとっている新聞以外はほとんど読んだことがないので,違う新聞を読み比べたことがありません。新聞社ごとに新聞は違うと聞きますが,どんな違いがあるのでしょうか?

A.

読売新聞の大きな特徴は提言報道です。事実を客観的に伝える報道機関であると同時に、重要問題には意見を発信する言論機関の役割も大切な使命と考えています。1994年の「憲法改正試案」を手始めに、経済再生や医療改革など25回の提言を行ってきました。
社説にも各社のスタンスの違いが表れます。読売新聞は、現実的で堅実な考えを示してきました。今後も積極的に主張し、読者とともに考え、歩む新聞でありたいと思います。
また、大阪本社では災害報道に力を注いでいます。阪神・淡路大震災、JR福知山線脱線事故…。
災害や大きな事件、事故も時の経過とともに人々の記憶から薄れていく。風化という現実をみつめ、長期にわたり粘り強く報道していく記者たち。これからも遺族や被害者の心の軌跡を追い続けます。

Q.

読売巨人軍と関係があると思うのですが,新聞社がプロ野球チームの経営に関わっているのは,なぜなのでしょうか?

A.

(株)読売巨人軍(ジャイアンツ)は、読売新聞グループ本社の子会社です。前身の大日本東京野球倶楽部が1934年に設立されて以来、日本プロ野球の歴史とともに歩んできました。長嶋茂雄・終身名誉監督ら名選手を輩出し、V9など輝かしい戦績を誇ります。
球団を経営する理由は、ひとつにはスポーツ文化の振興・発展への寄与という「社会貢献」があります。試合で感動や興奮を届ける。次代を担う子どもたちが、選手を手本に鍛錬する。ジャイアンツは多くの人に夢や希望を与えています。読売新聞は球団経営のほか、読売日本交響楽団の運営など文化事業にも力を入れています。
また、新聞制作という本業との相乗効果が挙げられます。人気球団を保有することが読売新聞のブランドイメージを上げ、大きな宣伝効果を生む。ビジネスモデルとしても、非常に成功していると言えます。

申込受付終了 8/18(木) 9:00

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL