ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 第8回全学キャリアガイダンス 『大学院卒のキャリアを考える』
 パネルディスカッション参加OB・OGからのメッセージ

大学院時代の研究・経験から、多角的に物事を考える傾向がある。

浅井 敬子 さん

2008年修了、総合人間科学研究科
株式会社パソナグループ 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「社会心理学・人間関係心理学/メンタリングが若者の就労意識に与える影響について」

●大学院に進学した理由は?

より専門知識を学び、心理学分野の知識を活かした職業に就きたいと考えた為。

大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

現在、派遣スタッフの方のキャリア形成のサポート等を行なっている為、在学時に学んだ人間関係心理学がスタッフの方へのフォローの実施等に結びついていると感じます。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

大学院時代の研究・経験から多角的に物事を考える傾向があり、それがスタッフの方へのフォロー等へ繋がっていると感じます。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

研究内容について考える中で、研究テーマから自分自身のキャリア形成の
方向性が確立した為。

大学院在学時に、論理的(ロジカル)な思考が身についた。

神川 和人 さん

2007年修了、国際協力研究科
TIS株式会社 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「経済と教育」

●大学院に進学した理由は?

研究者を志望していたため。
修士2年の間で、研究が向いていないこと、一般企業からも社会への貢献が可能なことに気付き、一般企業に就職。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

大学院在学時に、論理的(ロジカル)な思考が身についたこと。
論理的な思考が身についたことで、筋道を立てた説明ができ、相手(顧客など)に納得のいく説明がしやすくなる。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

実際に仕事をしている中で、学部卒業者と大学院修了者の違いは特に感じない。ただし、企業によっては、学部卒業者と比較して昇格・昇進が早いため、会社への対価を期待されていることを意識する必要がある。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

様々な考えや意見を持った人と出会えたことで視野が広まったため。

院卒の方が、問題を整理して形としてアウトプットすることを得意としているように思う。

豊島 花恵 さん

2010年修了、人間発達環境学研究科
株式会社ジェーシービー 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「心身発達専攻」

●大学院に進学した理由は?

大学受験時より、臨床心理士の資格取得を目指していたため、同資格の受験条件に指定大学院の修了が必須であったことから受験しました。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

学院で専攻した研究と現在の仕事は直接は関係がありません。しかし研究の中で身についた、論理的思考は活かされていると思います。現在の事象や問題を整理して分析し、自分の考えを組み立てる力は今の仕事でも必要とされています。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

仕事をする中で学部卒と院卒の大きな違いは感じませんが、院卒の方が、問題を整理して形としてアウトプットすることを得意としているように思います。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

大学院は自分が学ぶことを選び、自身の意欲で学ぶ場所です。私が「学」という字を選んだのは、多くの「学び」を得た場所だと感じているからです。卒業のために単位を稼ぐ学部と違うということ。私の場合は多くの学外の方に触れ、その方々から多くを学んだこと。何より興味のある事を自由に追求できること。その3つがこの字を選んだ理由です。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL