ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 前向きにハードルに挑戦する

飾らない自然体の雰囲気でお話を
してくれた吉崎さん

吉崎 寛之 さん
2009年経営学部卒業
グローリー株式会社
通貨システム機器事業本部
海外営業統括部 海外事業企画部

グローリー株式会社
についてはコチラ

 吉崎さんは2009年にグローリーに入社。海外事業企画部で、各部署や海外現地法人の売上など、資料作成やデータ分析をメインにされています。経営学部で学んだ会計学の知識も活かしながら、現地法人の財務諸表の分析なども行っています。
 資料作成と一言で言えば、簡単に聞こえますが、たとえば「アメリカ各州の、(自社製品購買の)ポテンシャルがわかるような資料を作成しておくように」など、新人としては「そんなこと言われても!」と言いたくなるような仕事を任されたことが、何度かあったとか。
 印象に残っているのは1年目の時、アメリカでの新しい代理店(現地での営業をグローリーに代わって担う企業)の候補を探すよう命じられた時のこと。しかし、アメリカの企業に関する知識など全然ありませんでした。まずは、先輩に聞きながらインターネットで検索。最終的にはジェトロの神戸事務所に連絡を取り、データベースを使いながら、英語の企業案内と格闘し、ようやく候補リストを完成させました。しばらくたってから、世界中の代理店一覧が作られたときに、自分が苦労して探し出した新規の代理店が入っているのを発見。「お!やった!!!」
 将来については、今はまだ、事業を企画している感が薄いので、今後は、そういったことをしていきたいとのこと。データ分析をしたり、資料を作成している中でも「ここはもっと売れそうなんだけれどな…」と思うことも。「なんとかしたいけど、どこをどう直せばいいのか、今は全然わからない。自分の中でそれがわかってきたら、もっとここをこうしたらいいんじゃないかっていう提案ができるんじゃないかな、と思ってます」
 ハードルの高い仕事をたびたび任されているとのこと。それに対して「とにかく形にして出す」ことを自分に課し、それを実践。2年目とは思えないすごさと、2年目らしいまっすぐな前向きさが同居している、吉崎さん。数年後にはどんな人になっているか、またお話を伺いたいと思う人でした。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL