ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
TOA

 世界中で最高の「音」を響かせる

人事部長の岩井照雄さん
キャリアカウンセラーの資格も持つ

TOA株式会社
についてはコチラ

 「機器ではなく音を買っていただく」という企業哲学のもと、高い技術と日本トップのシェアを誇るTOA。
 人事部長の岩井さんに伺うと、そんなTOAの「海外展開」とは、単にTOAの機器を海外で販売する、という意味ではないそうです。創業以来70年余りの歴史を持つTOA、海外販売は50年前から普通にされている、とのこと。海外であれ、国内であれ、TOAが本来あるべき「音を買っていただく」という姿−その国・地域ごとの個別・固有のニーズによりマッチした「音(価値)」を、システムとして提供する−これをより強化していくことがTOAの考えるこれからの「海外展開」。最近では、上海万博の主要なパビリオンの放送設備をTOAが手がけているそうです。
「世界広しといえども、単独でここまでやっているのはおそらくTOAだけなんですね」−だからこそこれは、世界においてもTOAが果たすべき当然の役割。岩井さんの言葉からは、そんな、自社の力に対する信頼と誇りが感じられました。
 社風は「一言で言えば、自由闊達」。たとえば研究開発に携わる技術者であれば、ひとつの商品に、企画段階〜完成して市場に出回るところまで関われるそうです。最初に仕様を決める段階からかなり関わることができて、開発の過程でも、試作やヒアリングをしていく中で、自分のアイディアや学んだことを盛り込むことができる。「自分としてはこれはこうしたい」を、形にすることができる。
 上司は、自分がかつてそのように成長してきた経験があるので、部下もそうあることを期待し、本人の意欲を生かす方向で見守る。そういったことが、70年の歴史の中で幾度も繰り返されて、今のTOAの風土となっているとのことでした。
 こんな技術をやってみたいという「思い」が実現できて、そこに「作る喜び」を感じることができる。そんな「自由闊達」こそが、TOAのNO.1の実績と信頼を生み出しているのではないかと感じました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL