ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 「素直に働く」ことの大切さ

働く上で大切なことに自分で気づき
大切にしようと努力しているという 竹川さん

竹川 健太 さん
2008年発達科学部卒
ハリマ共和物産株式会社
マネージメントサポートグループ
情報システムチーム

ハリマ共和物産株式会社
についてはコチラ

 竹川さんは入社以来、情報システムチームで物流システムの開発・運用等に携わっておられます。開発とは、たとえばメーカーから受注した商品を各小売店に出荷するまでの一連のプログラムを設計すること。運用とは、実際にそのプログラムを動かすことです。
 運用の業務は、朝5時から始まることもあります。様々な物流システムを1人で1度に動かすこともあり、更にそんな時に起こったトラブルは全て1人で対処しなければなりません。
  竹川さんが今までで一番印象に残ったのは、3ヶ月かけて1つのシステム開発プロジェクトを成功させたこと。運用の仕事をこなしながら、納期までに必ず完成させねばならないというスピード面でのプレッシャーもあり、更に可動本番の前日にシステムが思い通りに動かなくなるというトラブルが発生。しかし監督してくださる方の手助けもあって夜中の2時にやっと解決という、緊張感あふれる出来事でした。
 そんなハードなお仕事でも竹川さんが真摯に取り組み続けられるのは、竹川さんが「素直に働くこと」を何より大切にされているから。「自分が働く上で、ひねくれず、文句を言わず、ややこしいことを考えずにやるのが1番大事」とおっしゃいます。竹川さんはある先輩と一緒に仕事をされるなかで、それが周りの人と気持ちよく働けることに繋がるのだということを学び、自然とその姿勢を真似されるようになったのだそうです。
 「今後は自分も先輩のように後輩に頼られるようになり、そして今まで以上に大きな責任を担える人格になりたい」と語ってくださった竹川さん。働く上での姿勢が仕事ぶりに表れる、とても素敵なOBでした。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL