ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 目標とする自分に「なる」

丸尾カルシウムは人が温かい
皆でがんばっていこうという人には
あってる、と話す澤井さん

澤井 治子 さん
2010年医学研究科修了
 (バイオメディカルサイエンス専攻)
丸尾カルシウム株式会社
中央研究所 第2研究室7グループ

丸尾カルシウム株式会社
についてはコチラ

 カルシウムを使った肥料の研究開発をしている澤井さん。入社して半年間で1番印象に残っているのは、「急遽、開発している商品の注文が入って、(生産の過程を)最初から最後までを初めて見ることができた」ことだそうです。
 今なお改良途上にある商品は、工場に生産設備がまだありません。パイロット(先行試作)の設備で生産するため、研究開発の人も携わる場合があるとのこと。「今作ってるのが出て行くんだと思うと、『ああ、商品を作ってるんだな』と…」控えめな話し方の中にも、強い感動が込められていました。「自分で何かを作って、作ったものが誰かに喜んでもらえるのが嬉しい」という澤井さんにとって、普段やっている研究の「先」が実感できて、印象深かったようです。
 丸尾カルシウムの印象は「よく話す方が多い」。入社当初は緊張していた澤井さんに、他部署の方までも「頑張ってるか?」などと声をかけてくださったそう。それは今も感じるこの会社の「人の温かさ」に通じていると言います。
 また、入社わずか半年の澤井さんにも「上の方が実験した結果を『どう思う』と聞いてくださったり、『こう思うんですけど』という意見に耳を傾けてくださる」とのこと。「聞いていただけると、『もっと勉強してがんばろう』と思います」。
 目標は「自分で判断できることを増やす」こと。「今出ているデータから、先を見据えて実験できるようになれればと思います」。
「今の自分は、5月の自分より進んでいるかな、と思うので、それを積み重ねていけば、いつか辿り着くはずと思いたいです。『なりたい』だけじゃなく、ならないと、お前要らないって言われるのが、会社なので…なっていきます」。
 やりたいこと・やるべきこと・今後こうありたいという意思を、自分の中にしっかり持っている澤井さん。同時に「幸せに働けてる」と自然体で言うことができる姿が、とても印象に残りました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL