ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 企業との出会いを通じて、自らの生き方をデザインする

 3年生、修士1年生の皆さんであれば今から約1年3ヶ月後。数ある企業の中から1社を自ら選択・決断し、社会人の一歩を踏み出しています。今、皆さんは、この事実をどれだけリアルに感じていますか?
 企業や仕事を選ぶ際、知名度・規模・ブランドだけで見ていたり、「この商品よく使っていたから」といった消費者視点で見ていたりしていませんか。あるいは、自分でも気付かないうちに「友だちに自慢できるから」「家族が喜んでくれるから」といった理由で企業・仕事を選別していませんか。
 繰り返しになりますが、1年3ヵ月後、皆さんは社会人となり、就職した会社に毎日出勤し、毎日仕事をし、毎日価値を提供する生活が始まります。
 この事実をきちんと受け止め、「自分は何のために働くのか」「どのような働き方をしたいのか」「誰のためにどのような仕事をしたいのか」「それはなぜなのか」…すぐには答えが出ない難しい質問かもしれませんが、自分なりに考え、自己理解を深めながらしっかりと軸を創っていってほしいと思います。
 今回、12月の全学就職ガイダンス「合同企業説明会」では地元企業特集として、神戸大学の卒業生が働く兵庫県下の企業を紹介していきます。将来「地元で働く」という選択肢がある方はもちろん、ない方も含めてこの機会を上手く活用してください。
●まだ軸が明確となっていない方は、この機会を通じて、「先輩方が、なぜ、その会社に入社することを決めたのか」を考えてみてください。自己理解のきっかけになるかもしれませんし、新しい軸・方向性に気づくかもしれません。
●地元で働くという志向が『ない』方は、逆に、「なぜ、自分は地元で働きたいと感じないのか」を考える場として活用してください。たとえば、兵庫県に本社をおく企業の中には、世界を代表するような業界のリーディングカンパニーから、ニッチ業界ではあるものの誰もが真似できない卓越した技術力を誇る企業もあります。また、この兵庫県発祥で、日本のライフスタイルを大きく変革・改善してきた企業もあります。そうした企業を研究しながら、自分の軸をもう一度振り返る機会として活用してください。
●地元で働くという志向が『ある』方は、もっとも意識高くこの機会を活用できると思います。「なぜ、地元でないといけないのか」を考えながら、一方で、「地元以外に、軸となるものはないか」を考えながら少しでも多くの気づきを得てください。
 就職活動は、単に自分が働く企業を選ぶというだけでなく、様々な企業・社会人との出会いを通じて、自らの生き方・キャリアを自覚的にデザインすることだと思っています。皆さんのもっとも身近な地域である兵庫県の、皆さんの先輩方が活躍している企業との出会いの中で、改めて自分と向き合う機会として活用していただきたいと思います。

株式会社リクルート 「リクナビ2012」副編集長 菅野 智文

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL