ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター
カネミツ

 “Only-One”へのこだわり

カネミツのテクニカルセンター建設を報じる
神戸新聞(2010年10月30日)

株式会社カネミツ
についてはコチラ

 「世界の自動車に使われているプーリのうち、10個に1個は当社製」と代表取締役社長の金光さんが言うカネミツは、プーリ製造ではNO.1の独立系部品メーカーです。
 カネミツ製プーリは数千種類にも上りますが、基本的には滑車[pulley]の名前通り、回転を前提とした円形−「回っている丸いもの」。独自の金属加工技術−プレスと回転成型技術を駆使し、10秒に1個の速さで、単なる薄い鉄板を精度の高いプーリに生まれ変わらせます。その工程では、切削も研磨も溶接もなく、熱処理も不要。だから軽量で強度・コスト面で優れている上、1万個に1個の不良品も許されない自動車部品の世界で常に高い信頼性を維持しています。
 この優れた、かつ独自性の強い技術を生み支えているのは、徹底した“Only-One”へのこだわり。「たまたま“Only-One”ができたのではなくて、“Only-One”を目指すために、金型はもちろん生産設備も自社で作っています。設備まで作るのは大変ですけれど、そこは手抜きをしません」。
 中国進出時には模倣の心配があり、知財管理の面で充分な準備をしたそうです。「でも実は、それほど心配してなかった。うちの真似をしようと思うと、金型の図面どころか、機械設備からセッティングから、全部盗まないといけない。簡単にはいきません。それこそが“Only-One”ということ」。
 現在のタイ・中国に続き、更にグローバル化を進め成長させる「攻めの姿勢」のカネミツ、同時に新製品事業にも力を注いでいます。カネミツの“Only-One”技術が光る「回っている丸いもの」は、世の中のあらゆるところに存在しています。内容は秘密でしたが、もう間もなく発表になる新規事業もある様子。
 こんなカネミツで活躍したい神大生を待っている、と金光さん。「実力があってやる気があれば、男女問わず会社をひっぱっていける」。製造過程のプーリに実際に触れ、“Only-One”のすごさを目と手で実感したところにうかがったこの言葉は、非常に魅力的に響きました。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL