ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

TISの事業内容は ⇒ http://www.tis.co.jp/

申込受付終了

9:45 TIS大阪本社19Fセミナールーム3
[大阪府吹田市豊津町9-1 パシフィックマークス江坂]

※スケジュールは変更になる場合があります

10:00

挨拶・スタッフ紹介

10:10

業界・会社紹介

10:30 SE体感ワーク(前半)

12:00

昼食

13:00

キャリア紹介

13:30 SE体感ワーク(後半)
13:45 社員による仕事の紹介 - ある社員の1年と1日
14:10 職場見学&OBOG懇談会

15:00

心斎橋gDC見学

17:30

終了

SE体感ワーク
若手SEの仕事の一場面をワークにしました。『聞く』、『見る』だけでなく、ワークを通してSEの仕事を『体感』出来ます!


体感ワークの様子

心斎橋gDC見学
安全性、機能性、セキュリティを高次元で実現する最先端データセンターを見学します。こんな機会はめったにありません!


普段の仕事風景

OBOG懇談会
TISは出身大学別の社員数は神戸大学がbP。社内での活躍度もbP(?)。そんなOB・OGが皆さんの質問に気軽に答えます!


最先端データセンター

Q.

『人をつなぐ、システムをつなぐ「TIS」』という広告がありましたが、どんな意味なのでしょうか?

A.

毎日のビジネスや何気ない日常で、現代社会においてITシステムは欠かせないものになっています。
様々なITシステムを通じて社会の「人」同士がつながっており、新たな行動が生み出されています。
例えば、日常においては、消費者の欲しいという思いと企業の人々の生活の役に立ちたいという思いをITを通じてつなげることによって購買という行動が生まれます。
ということは、ITシステムをつくるというTISの仕事は、同時に、人と人の関係をつくる仕事でもあるのです。
そしてそれを成し遂げるためには、情報技術のみでなく人間力が必要です。
このことを皆さんにお伝えしたいと思い広告にしました。

Q.

難しそうな仕事というイメージがあるのですが、ITや経済、経営などの知識がなければならないのでしょうか?

A.

そうですね。難しい仕事だと思います。とはいえ私は入社時「ITって響きが格好いいな」というくらいの興味しか持っていませんでした。
でもお客様のシステムのことが分らないと話が出来ません。話が出来なくちゃ信頼もしてもらえません。
ITスキルがついてきてお客様からの質問にも答えられるようになった頃、意見を求められました。
提案しようと思ったら、お客様の業務やお客様を取り巻く経済環境の事も考えないと応えられませんでした。
もっと大きな仕事がしたい!と思ったら、お客様側の経営層の方々を説得しなくてはなりません。
振返ってみると、IT・経済・経営は全部自分の中で育ってきたキーワードだと思います。

申込受付終了

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL