ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 第4・5回全学キャリアガイダンス 『大学院卒のキャリアを考える』

【7月6日】 主に理系対象

浅野  友晴 さん

2007年卒、自然科学研究科 応用科学専攻
株式会社リコー 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「液晶高分子のプラズマ表面改質と応用」

●大学院に進学した理由は?

「研究・開発職に就くのであれば、大学院には行くべきだ」という固定観念があったと思います。また、学部生(3年)のときに、これから就職活動をしたとして今の自分で希望する会社から内定をもらえるのかを考えた結果、やはり大学院に進学して「研究」について学ぶべきだと思い、大学院への進学を決めました。

大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

在学時の研究内容は現在の仕事と殆ど関係がありません。学生時代に使っていた装置を使うことがあるくらいです。ただ、在学時の研究に対する取り組み方が現在の仕事の進め方にも大きく反映されていると思いますし、在学時に培った知識は発想力に幅を持たせてくれていると思います。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

私の職場には現在は大学院修了者しかいないので、違いはわかりません。ただ、今の業務を学部卒業者が行ったとき、全く通用しないかというとそんなことはないと思います。本人がどう頑張るか、どう工夫するか次第ではないかと思います。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

大学院での目標を見つけることが大切だと思います。そのために、将来、自分がどのような仕事をしたいのか(将来像みたいなもの)を想像し、それに対して今の自分は何をするべきか、何が足りないかを考えておくと良いのではないかと思います。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

佐藤 晋也 さん

2009年卒、工学研究科 電気電子工学専攻
東京エレクトロン株式会社 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「回路設計と信号処理」

●大学院に進学した理由は?

学部時代の研究は、先輩に指導されながら進めていくもので、自分で研究をしているという実感はあまりありませんでした。もっと自分から進んで研究を深めていきたいと思い、大学院への進学を決めました。また、大学院ほど自分の好きな研究に時間を割けるチャンスは、この先もうなかなか無いと思ったことも、進学した理由です。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

仕事では、液晶パネル製造装置の営業をしています。一見、営業職は大学院での研究に結びつかないように感じますが、お客様が技術者の方であることが多く、技術的な知識をもって対話することが求められます。そのような点では、大学院で学んだことが結びついているように感じます。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

大学院修了者は、少し多くの知識を持って入社しますが、仕事に関しては、ほぼ横一線のスタートであると思います。ただ、違う点は、入社当初から学部卒業者以上に期待される点です。周りの院卒社員を見ていても、期待される分、仕事をできるようになろうという思いが強いように思います。私自身も、期待に応えられるよう、現在努力しているところです。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

私は就職活動が始まってから、将来何がしたいかについて考え始め、途中で大きな方向転換をすることもありました。結果、だいぶ長い期間を就職活動に割いてしまいました。大学3年生は、今のうちから将来何をしたいのか考え、研究分野に拘らずどんな仕事があるのか等、調べておくと良いのではないでしょうか?

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

横田 真樹 さん

2006年卒、自然科学研究科 機械工学専攻
日本発条株式会社 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「SUS304鋼の疲労過程における磁気特性変化の観察」

●大学院に進学した理由は?

専門分野に関する習熟としての大学院での研究が社会人としてのキャリアアップにつながると考えられた為。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

大学院在学時に研究対象として用いたSUS304は日本の機械産業において広く用いられ、現在の仕事である、ハードディスクドライブ用サスペンションの部品としてもやはりSUS304が使われている。研究室内外問わず研究の進捗発表が現在の仕事での進捗報告および対外的な資料作成に役立っている。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

資料作りの際に使用するソフトウェアの使用に大学院時代に習得したスキル等の慣れが感じられる。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

就職活動を意識する前の段階から社会に関する報道に目を向けて欲しい。採用に関する情報以外からも企業や社会の情報を目にしておくことで、自分が何をやりたいのかを明確に見つけて欲しい。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

【7月7日】 主に文系対象

神川 和人 さん

2007年卒、国際協力研究科
TIS株式会社 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「経済と教育」

●大学院に進学した理由は?

研究者を志望していたため。 修士2年の間で、研究が向いていないことに気付き、一般企業に就職。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

大学院在学時に、論理的(ロジカル)な思考が身についたこと。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

実際に仕事をしている中で、学部卒業者と大学院修了者の違いは特に感じない。 ただし、企業によっては、学部卒業者と比較して昇格・昇進が早いため、会社への対価を期待されていることを意識する必要がある。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

一般企業への就職を希望しているなら、文系大学院に進学することは、不利な要因の方が大きい。よほどでない限り、院への進学はお勧めしない。進学するなら、企業が欲しがる能力を分析し、学部生よりもその能力を磨く必要がある。また、院在学期間は短いため、どの分野で就職したいかを予め考えておくと焦らずに済む。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

田阪 綾子 さん

2009年卒、人間発達環境学研究科
読売新聞大阪本社 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「発展途上国問題」

●大学院に進学した理由は?

「研究のため」と「就職のため」が4対6。学部時代にも2度、新聞社の採用試験を受けましたが不合格でした。「もっと勉強したかった」という気持ちも嘘ではないけれど、それよりも「新聞記者になるための時間がほしかった」という方が大きかったです。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

「考え方」や「感性」は学生時代に培ったものだと思います。特に、大学院での2年間は「自分の視野を広げよう」と意識して人に会ったり、色々なところに出かけたりしたので、その影響は大きいかも。と言っても、まだまだ未熟者なので、もっと自分磨きを頑張らないと。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

特に感じません。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

大学院1年の秋には就活が始まります。「院で何をするか」と「院修了後に何をするか」をしっかり考えておくと時間を有効に使うことができ、気持ちにも余裕が生まれると思います。私自身の反省点です。 あとは、大学院に進学することで生じる多少のリスクを引き受ける覚悟、でしょうか…。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

星元 佐知子 さん

2010年卒、国際文化学研究科 国際関係・比較政治専攻
神戸大学 勤務

●専攻(研究のテーマ)を教えてください。

 「EU域内の自治体外交にみる地域の重要性―カタルーニャ自治州の事例から―」

●大学院に進学した理由は?

自分の専門分野を持ちたかったからです。私は外国語学部の出身ですが、1年間の交換留学を通して「言語を使って自分は何をしたいのか?何ができるのか?」ということを考えさせられました。そのことから、言語を道具として現在世界で起こっていることをもっと明確に理解したいと思い、国際文化学研究科に進学しました。

●大学院在学時の自分と現在の仕事は、どのように結びついていますか?

国際文化学研究科には多くの留学生が在籍しており、授業やその他の時間などで留学生と関わる機会がたくさんありました。大学院在学時は、チューターや友人として留学生と接してきましたが、現在は大学職員としてより総合的に留学生が神戸大学でよりよい学生生活を送れるように支援する業務を行っています。

●学部卒業者と大学院修了者の違いを、実際に仕事をしている中で、どのように感じますか?

ひとつの仕事に対する見方・考え方が異なるように感じます。大学院修了者が同期にも数人いますが、学部卒業生よりも1つの問題に対してより筋道立てて考える傾向にあるように思います。また、既成の事柄にそってそのまま仕事をするだけでなく、改善策について周りの人と議論することも大学院修了者の特徴だと思います。

●大学院進学を考えている3年生へのアドバイスをお願いします。

「なぜ自分はそのテーマを研究したいのか?」という理由を徹底的に考え抜いて欲しいと思います。そうすることで、将来の目標と研究科で学ぶことの関係性が見えてくると思います。そして、研究を終えた後に研究科で学んだことを仕事でどのように活用したいのかということまでしっかりと考えておいてください。

●自分の大学院在学時を漢字一文字で表現すると?

 

 

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL