ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE  HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学キャリアセンター

 第6・7回全学就職ガイダンス 『先輩学生が語る就職活動の実際』

内定を取った先輩が生の声を語る!!
内定者が明かす「ココだけの話」とは!?

 いよいよ10月。就活本番とは言われるけど、「就職活動って、どうしたら良いかわからない」とか「流れをよく知りたい」といった漠然とした不安を持っている方も多いのではないでしょうか? このガイダンスでは、内定を勝ち得た「先輩」たちを招き、自身の就職活動を振り返って、後輩に伝えたい「『今』もっともすべきこと」を中心に、皆さんの質問にも答えながら、ざっくばらんに本音を話していただきます。

 
『就職活動で一番苦労したこと、楽しかったこと』は?

≪文系ガイダンスパネラー 文学部4回生≫

 私が一番就職活動で苦労したのは自分について知ることでした。就活を始めた頃は「ある程度の規模の企業に就職できればいいや」という中途半端な気持ちでいましたが、ESや面接などの回数を重ねるうちに自分のことをよく知ることが大切なのだということに気づき、私は自分のこれまでの経験を振り返ったり、サークルの先輩に自分の長所・短所を聞いたりしました。そのおかげで私は自分の知らなかった面を発見することができ、自分が本当に行きたいと思う企業から内定をいただくことができました。私は自分の就活を通じて「なんとなく」という気持ちで就活をしていては、自分にとっても採用する企業にとっても結果的にはマイナスになると感じました。就職活動は、自分がどんな仕事をしたいのか、どんな長所・短所を持っているのかということについて、自分と向き合える良い機会だと思います。今回の就職ガイダンスを通じて、後輩の皆さんの役に立てればと思います。


≪文系ガイダンスパネラー 経営学部4回生≫

 「わが社はチャレンジ精神あふれる会社で,若い頃から責任ある仕事を任せてもらえます。」私は企業の説明会に行った時、このような魅力ある言葉をたくさん聞きました。すると興味のある企業はどんどん増えていき、「本当はどの企業に行きたいのだろう?」と、迷う毎日が続きました。
 ですが、この悩みがきっかけで私は「自分を見つめなおすこと」ができました。自己分析はもちろん、「将来何がしたいのか」について、家族、教授、友人と語り合ったのです。そしたら自分の価値観に気付き、「自分はココしかない!」と思える企業に出会えることができました。ゼミのみんなで熱く将来のことを語った夜が今でも忘れられません。

 これから就活を迎えるみなさんには、この就活で自分の価値観に気付き、自分にマッチした企業を見つけ、自分の可能性を広げて欲しいと思います。がんばってください!


≪文系ガイダンスパネラー 法学部4回生≫

 苦労したことは、特にありません。強いてあげるとするならば、本選考の1次面接が4月1日にあったのですが、10日まで連絡が来なかったときは辛かったです。リクルートしか受けていなかったので、無理なら就職浪人覚悟でやってましたから。しかし、ピンチはチャンス!だと自分に言い聞かせ、乗り切りました。

 楽しかったことは、インターンシップですね。リクルートのスプリングジョブに参加していたのですが、参加メンバーが超個性的かつ能力の高い人間ばかりで刺激をたくさん受けました。内容はチーム対抗の新規事業提案コンペだったのですが、7チームの中から優勝した瞬間は今までの苦労がすべて吹き飛んで、本当に参加して良かったと思いました。その時の仲間は本当に心から「戦友」と呼べるくらい、仲良くなりました。3回生の皆さんにかなりお勧めします!!


≪理系ガイダンスパネラー 農学部4回生≫

一番苦労したこと…自分の体は1つしか無いということと1日は24時間しか無いという事です。睡眠時間を削ったり、受けたい会社の面接の時間帯がかぶっていたりすることはよくあることでした。あとは土日にもスーツを着ている自分が嫌になりました。自分なりのストレス解消法は持っていたほうがいいと思います。

楽しかったこと…就職活動は決して楽しくないと思います。一生に1回でいいと思えるくらい頑張った就職活動でした(笑)もう絶対したくありません。絶対に。


≪理系ガイダンスパネラー 理学部4回生≫

 私が1番苦労したことはエントリーシート書きですね。第1志望のエントリーシートはある程度書けたのですが、それ以外に関しては書く内容が全く浮かんでこず…。提出前日の夜中に書くのが当たり前という感じで辛かったです。

 逆に楽しかったことは、就職活動そのものではないですが、いろんな街に行けたことですね。2週間ほど東京にいたことがあったのですが、たまたま1日空いた日や、面接が終わった後にあちこち歩き回りました。それが就活中の良い気分転換になったと思います。


≪理系ガイダンスパネラー 工学研究科2回生≫

 就職活動の大変さは、世の中に無数にある企業の中から自分が納得のいく会社を選ぼうとするところにあると思います。自分はどうしたいのか、自分は将来どのように成長したいのか、どの業界や職種を志望するのか、といったことを考えなければならない… さらに実際に入社してみなければ想像と現実のギャップがわからない上に、自分を選んでもらわなければ入社できないという切実な思いもあります。そういった考えや思いが交錯しながらも、一歩ずつ前に進むのは、皆が通る道とは言え非常に大変なことだと、今になって振り返ると感じます。多くの企業にエントリーしましたが、その間、本当に大勢の方々にお世話になりました。納得のいく就職活動ができたのはお世話になった方々のお陰だと思っています。そして、自分を評価してくれた会社で来年から働けることを切に楽しみにしています。

  第6回 文系学生対象 第7回 理系学生対象
日程 10月15日(水)
時間 15:10〜16:40 17:10〜18:40
場所 神大会館六甲ホール
主催 神戸大学キャリアセンター
共催 神戸大学生協
問合せ 神戸大学キャリアセンター【TEL:078-803-5217】

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL