ガイダンス・イベントCALENDAR MESSAGE   HOW TO就活・キャリアアップ Future!ONLINE
お問い合わせ キャリア形成支援page TOP 神戸大学生協TOP 神戸大学就職支援室

エム・アイ・ティーの事業内容は⇒http://www.mit.co.jp/rec/

9月27日(水) 14:00〜16:00

エム・アイ・ティー本社(新大阪MTビル2号館11F)
※エレベーターで11Fまで直接お越し下さい。13:45〜13:55までの間にお越し下さい。

※40名(募集人数次第では、定員枠を増やす可能性があります)

※スケジュールは変更になる場合があります

14:00〜14:20

オリエンテーション

14:20〜15:00

グループディスカッション

15:00〜15:15

まとめ

15:15〜16:00 質疑応答/アンケート記入
※すでに実施しているMITアカデミーと同じ内容になります。ご了承下さい。

「問題解決」が体験できます。ビジネスの現場でどのような問題が起き、そして現場では何に悩むのか?実際に発生している事例を通じて考えてもらいます。ポイントは「自分の経験とつなげて考えること」です。


顧客との密な連絡が
必須の仕事です。

「知的生産の仕方」が分かります。今回行うグループディスカッションは、どのビジネスの現場でも使っている典型的な知的生産のやり方です。人と人とで話すことで何かを生み出していく知的生産の感覚をぜひ、つかんでください!

   

日常の相談は、
こんな感じで行っています。

社員の「本音」が聞けます。実はうちの社員の多くが就職活動中に様々な企業を見てから入社を決めています。例えば、鉄道会社や司法試験、銀行など・・・。質疑応答の時間では、就職活動についてなど社員に自由に聞いて下さい。



エム・アイ・ティーの商品は、
「人」以外ありません。

Q.

「エム・アイ・ティー」という名前は、テレビCMや街中のお店などではあまり眼にしたことがないのですが、どんなことをしている会社なのですか?

A.

エム・アイ・ティーは、「企業」を相手に組織で起きる様々な問題を解決している会社です。企業を相手に、しかも個別に問題を解決していくため、テレビCMなどの一般消費者向けの広報活動を行っていません。そのため、皆さんの眼に触れる機会はなかなかないと思います。「組織の問題解決」の一般的な方法として、経営モデルの導入やIT化の促進などがあります。しかし、それだけでは解決できない問題が企業の中には多数存在します(例えば、いかに働く社員の気持ちを作っていくのかなど)。これらの問題を解決し、現代社会を支える企業を支えているのがエム・アイ・ティーです。社会の生産活動を根底から支えている、そんなイメージを持ってもらいたいと思います。

Q.

「ビジネスエンジニア」という職種がホームページに出ていますが、「ビジネスエンジニア」とはなんですか?

A.

一言で言うと、「顧客のビジネスを一緒に構築していく人」をビジネスエンジニアと呼んでいます。顧客のビジネスを構築するとは、お客様がビジネスを進めていく中で抱える様々な問題に対して都度解決していき、さらにそもそも問題が発生しないようなしくみ作りや人材育成、風土構築などを行っていくことです。『そもそも問題が発生しないようにすること』これがポイントになります。成果に至るプロセスは多数あり、顧客チームのマネジメントやシステムコンサル・導入、部門立ち上げ要員としてのプロジェクト参画などが最近の事例です。扱う組織規模は、5〜10名程度のチームレベルから会社全体規模までと様々なレベルがあり、より広い範囲で顧客とビジネス構築をしていくために、人材育成制度を充実させています。

 お問い合わせ

神戸大学生協 組合員サポートデスク 
TEL:078-871-3691(学内線:2650) MAIL:career@coop.kobe-u.ac.jp
 

生協TOPへ神戸大学ホームページへ

お気付きの点がありましたらご意見下さい。 MAIL